2018年 9月 25日 (火)

「AKBの『お局ババア』として頑張る」 柏木由紀(27)まだまだ第一線宣言

印刷

   NMB48の山本彩さん(25)らベテランが卒業する中、AKB48の柏木由紀さん(27)が堂々の「続投宣言」だ。

   総合プロデューサーの秋元康氏と会った際に「柏木と指原(HKT48の指原莉乃さん=25)のババアで頑張れ」と言われたといい、柏木さんは2018年8月16日に都内で開かれたイベントで「秋元さんも公認ならば、『AKBのお局ババア』としてまだまだ頑張りたい」と話した。この日のイベントは、音楽に合わせて画面上から落ちてくるアイコンをタップする「音ゲー」に関するもの。「音ゲーマニア」を自任する柏木さんは楽々とゲームをクリアし、百戦錬磨ぶりを見せつけた。

  •  AKB48の柏木由紀さん。「音ゲーマニア」を自任している
    AKB48の柏木由紀さん。「音ゲーマニア」を自任している
  • 「ヘビーローテーション」に乗せて音ゲーをプレイする柏木由紀さん(中央)
    「ヘビーローテーション」に乗せて音ゲーをプレイする柏木由紀さん(中央)
  • ゲームでは撮り下ろし写真を使ったカードも手に入る
    ゲームでは撮り下ろし写真を使ったカードも手に入る

「さっしーと、しぶとくいると思います」

   イベント後の囲み取材で話題にのぼったのが、柏木さんの「お局」ぶりだ。8月3日に行われたテレビ番組の収録で、指原さんが秋元氏から「柏木と指原のババアコンビで頑張るしかない」と言われたことを明かしたのだ。この発言に対する反論を求められた柏木さんは

「27でババア扱いされるのは、やっぱりちょっと腑に落ちない部分が若干あるんですけど...」

と反発するようにも見えたが、実はまんざらでもないようだ。

「やっぱりAKBで最年長ですし、自分でも年齢のことをいっぱい言ってきちゃったところはあるので、秋元さんも公認ならば、AKBのお局ババアとしてまだまだ頑張りたいなと、グループのためになったらいいなと...。さっしーと、しぶとくいると思います」

   指原さんとは

「うちらって、そうやって『ババアコンビ』にされちゃうんだね」

といった愚痴めいた話もするというが、

「AKBのことについてとかよく話すので、まだまだ頑張りたいと思います」

と、現役続行を念押ししていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中