2019年 11月 17日 (日)

大島優子、山本彩も...?今度は岡田奈々が「声帯結節」 大物メンバーが一度はかかる病気って

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   AKB48の岡田奈々さん(20)が、声帯結節を患って手術を受けていたことを2018年8月16日に明らかにした。今後はリハビリを行うため、「少しの間」活動に制限が出ると説明している。岡田さんは18年8月開票のAKB48グループの選抜総選挙では5位にランクインし、AKB48単体では最上位のメンバーだ。

   歌手で声帯結節を患う人は多く、AKBグループ内でも大島優子さん(29)や山本彩さん(25)など、同様の症状に悩まされた人は少なくない。SKE48の高柳明音(あかね)さん(26)は、自分が手術を受けたことを振り返りながら「ゆっくり治していけるといいね」 などとエールを送った。

  • AKB48の岡田奈々さん。8月2日のコンサートでは元気な姿を見せていた
    AKB48の岡田奈々さん。8月2日のコンサートでは元気な姿を見せていた

「声を出すお仕事はまだ出来ないのですが身体は元気にしています!」

   声帯結節とは、「声の使いすぎや、無理な発声のために声帯に小さないぼのようなでっぱりができる」病気(日本耳鼻咽喉科学会ウェブサイトから)。

   岡田さんの病気はAKB48の公式ブログで発表され、岡田さんもツイッターで

「数ヶ月前から声の調子が悪く声帯の手術を行ってきました 。数日間声を出せなかったり声を出すお仕事はまだ出来ないのですが身体は元気にしています!また大好きな歌を歌えるようにきちんと治します ... !」

と報告した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中