2018年 11月 15日 (木)

朝青龍、秋田犬「マサオ」の写真を連日ツイート ザギトワの「マサル」といとこ同士

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   元横綱・朝青龍こと、ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(37)が、このところ愛犬の写真を相次いで投稿している。

   「マサオ」と名付けられ、2018年7月に贈られたばかりの秋田犬。とてもかわいがっているようだ。

  • 成長の様子を投稿
    成長の様子を投稿

「マサオ君だ!!昨日子供泣かした!」

   秋田犬といえば、フィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手に18年5月、メスの「マサル」が贈られたのが話題となった。そのいとこにあたるのが「マサオ」だ。5月10日に誕生したオスで、木原誠二衆院議員の仲介のもと、秋田犬保存会から贈られた。

   7月10日の贈呈式以降、朝青龍氏のツイッターには、マサオがよく登場している。テレビ画面を見つめていたり、昼寝をしたり、「仕事に手伝うマサオ君水ホース引っ張ってくれるのだ」(原文ママ)といった近況を写真とともに伝えている。

   直近のマサオツイートは、8月17日。「マサオ君だ!!昨日子供泣かした!!遊びたいやろな」との文面に、野イチゴのようなものを食べているマサオの写真が付いている。ツイートごとに凛々しく成長していくマサオの姿には、

「まだ子犬なのに、一丁前の貫禄! さすが横綱のわんこ!」
「なんだか顔つきが子犬の顔から少しずつ変わって、りりしくなってきましたね」

といった声が。また、連日の投稿を受けて、

「朝青龍どんだけマサオくん好きなんだ」
「マサオくんの写真3時間毎に投下すべき」
「マサオが可愛すぎて朝青龍をフォローした」
「朝青龍ツイッターをすっかりマサオ君情報源としてしか見ていなかった昨今」

との反応も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中