2018年 9月 23日 (日)

金足農-大阪桐蔭戦後、甲子園に「虹」 100回大会の幕下ろす「奇跡」...「エモすぎる」と反響

印刷

   2018年夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)の閉会式で起きた「奇跡」のような出来事が、ツイッターなどで話題になっている。

   決勝を戦った両チームがグラウンド上で一列に並んでいる最中だった。3塁側方向の上空に、鮮やかな虹のアーチがかかっていたのだ。実は同じ頃、金足農の地元、秋田県でも虹の目撃情報があった。

  • きれいな虹がかかった(写真はみたらしさん提供)
    きれいな虹がかかった(写真はみたらしさん提供)
  • 秋田県でも、虹がかかっていた(写真は夢-のん-さん提供、撮影は16時50分ごろだという)
    秋田県でも、虹がかかっていた(写真は夢-のん-さん提供、撮影は16時50分ごろだという)
  • 両校の激闘をたたえるかのように…(写真は「せのがしら五郎 私を甲子園に連れてって!」さん提供)
    両校の激闘をたたえるかのように…(写真は「せのがしら五郎 私を甲子園に連れてって!」さん提供)
  • 両校の激闘をたたえるかのように…(写真はつくしぃさん提供、一部編集部で加工)
    両校の激闘をたたえるかのように…(写真はつくしぃさん提供、一部編集部で加工)

「両校の激闘を讃えるかのように」

   夏の甲子園は2018年8月21日、決勝が行われ、大阪桐蔭(北大阪)と金足農(秋田)が対戦。悲願の初優勝をめざす金足農を、大阪桐蔭が13‐2で退け、4年ぶり5度目の優勝とともに、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。

   試合直後、大阪桐蔭の柿木蓮投手や根尾昂選手らは、涙する金足農の吉田輝星投手と抱擁を交わした。こうして互いの健闘をたたえ合う姿は、ツイッターなどインターネット上で「いいシーンだ...」「こっちまで泣けてくる」と感動を呼んだ。

   そんな中、試合後の閉会式で起きたとある出来事も、一部観客の注目を集めていた。グラウンド上に整列した両チームの選手たちがメダルの授与などを受けていた頃、ツイッターに写真付きで

「優勝の大阪桐蔭、準優勝の金足農業を祝福するように、甲子園球場には虹が架かっています」
「甲子園球場に大きな虹がかかっています!選手を祝福しているかのように!」
「甲子園上空には、両校の激闘を讃えるかのように、虹がかかっています」

との声が続々と。3塁側内野席から外野席にかけて、甲子園の上空に大きな虹のアーチがかかっていたのだ。

乙武さん「美しい虹が出現」

   現地観戦に来ていた文筆家の乙武洋匡さんも、ツイッターで

「【甲子園決勝】大阪桐蔭、圧倒的な強さでした。2度目の春夏連覇おめでとうございます。金足農業のみなさんも素晴らしい戦いぶりでした。そして、閉会式には美しい虹が出現」

と投稿。鮮やかな虹を撮影した動画を公開した。

   ツイッターでは、まさに100回大会の幕切れにふさわしい「演出」だとして、

「甲子園、100回大会もっとるねぇ」
「100回の夏の終わりの甲子園の空に『虹』とかエモすぎる」
「100回目の夏の甲子園の閉会式に、虹が架かるってどれだけ奇跡なんですか」

という感動の声も寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中