2018年 9月 22日 (土)

佐久間レイ、「レッツゴーヤング」での出会い 「後に共に宇宙で戦うことになろうとは...」

印刷

   「それいけ!アンパンマン」のバタコさん役で知られる声優の佐久間レイさんがツイッターを更新し、「トップをねらえ!」などで共演した声優の日髙のり子さんとの出会いのエピソードを明かした。

   2人は声優として活動を始める前、NHKの若者向け音楽番組「レッツゴーヤング(以下、レッツヤン)」にサンデーズのメンバーとして共に参加していたのだそうだ。

  • 佐久間さんのツイッターより
    佐久間さんのツイッターより

SFアニメの声優で共演

   2018年8月23日、「NHKのリハーサル室付近」と題して、自販機が数台並ぶ廊下のような場所の写真が投稿された。佐久間さんは続いて、「私が17歳の頃、レッツゴーヤングと言う番組に出演する事になり この自販機の前にいた時である」とした上で、

「『新しいサンデーズの子だよね、頑張ってね』と声をかけてくれたのが卒業するメンバーの日髙のり子さんなのである」

と、写真の場所が日髙さんとの「運命の出会いの場」であると説明した。

   レッツヤンは、1974年から86年までNHKで放送された音楽番組。作曲家の都倉俊一さんや平尾昌晃さん(故人)、太川陽介さんらが歴代の司会を務めた。当時の人気アイドルであるキャンディーズや中森明菜さん、沢田研二さんや野村義男さん率いる「THE GOOD-BYE」などが歌やトークを繰り広げた。出演者はアイドルだけに留まらず、米パンクロック・バンド「ラモーンズ」などの外国人バンド、現在も活躍するサザンオールスターズやスターダスト・レビューといった実力派バンドも登場した。

   佐久間さんと日髙さんは、番組オリジナルグループの「サンデーズ」のメンバーとして出演している。メンバーチェンジが時折行われ、日髙さんが卒業して、入れ替わるように佐久間さんが加入した。当時はまだ2人とも声優デビューはしていなかった。

   番組卒業後に声優としてのキャリアをスタートさせた2人は高橋留美子さん原作のアニメ「らんま1/2」などで共演経験がある。中でも、人気が高い共演作がSFアニメ「トップをねらえ!」だ。この作品で、佐久間さんがカズミ、日髙さんがパートナーのノリコを演じた。佐久間さんは投稿の最後、この作品を引き合いに出し、

「後に共に宇宙で戦う事になろうとは...」

と、締めくくった。

「ご縁に感謝だね」

   佐久間さんの私物であるウエディングドレスを、日髙さんが結婚式で着用するなどプライベートでの親交も深い。

   この投稿に日髙さん本人がいち早く反応した。

「ホントにねぇ 10代の頃から今もなお続くご縁 に感謝だね」

   これに対して、佐久間さんは、

「ね このまま おば~ちゃんになって、仲良くお茶飲んでおしゃべりしようね」

と仲の良さも覗かせていた。

   ファンからも反応があり、

「のんこ(編注:日髙さんの愛称)さんってお若い頃から優しいお人柄だったのですね!素敵です」
「日高さんとの思い出はいつも鮮明ですねwふたりの仲はとても素敵です」

といった声や、

「さらにその後、水を被ると女になる少年を巡って恋敵になるとは...(笑)」
「その後一人の男を共に好きになり、闘う羽目になろうとは...」

など2人の共演作の役柄を交えたコメントも寄せられた。

(J-CASTニュース編集部 大山雄也)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中