2018年 9月 23日 (日)

智弁和歌山・高嶋監督が退任 甲子園最多68勝

印刷

    高校野球の春・夏甲子園大会で歴代最多となる68勝の監督勝利数を挙げている智弁和歌山の高嶋仁監督(72)が2018年8月25日、和歌山市の同校で会見を開き、退任を発表した。理由について、「(体力面で)ノックができなくなった」などと語った。今後は、名誉監督としてチームを支える。

    智弁学園(奈良)監督を経て、1980年から智弁和歌山で監督を務め、春・夏で計3度の優勝を果たした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中