2018年 11月 17日 (土)

「頭脳の甲子園」初の栄冠は栄東 「青春のクイズ大会」の激戦制す

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

    2018年8月25日、東京・渋谷区のスマートニュース社で、第1回「ニュース・博識甲子園」(主催:日本クイズ協会 協賛:スマートニュース、Z会)の決勝大会が開催された。

    出場校は予選の成績順に、栄東高(埼玉県)、開成高(東京都)、旭丘高(愛知県)、松本深志高(長野県)、川越高(埼玉県)、仙台第二高(宮城県)、福岡高(福岡県)、慶應義塾高(神奈川県)の8校。

  • 右から優勝した栄東高校の佐藤彰真、森田晃平、安達虎太郎、準優勝した開成高校の後藤弘、上野李王、藤松健太の各選手
    右から優勝した栄東高校の佐藤彰真、森田晃平、安達虎太郎、準優勝した開成高校の後藤弘、上野李王、藤松健太の各選手

1回戦は「勝ち抜け早押しクイズ」

    各チーム3人のチームで、1回戦「勝ち抜け早押しクイズ」(4チーム勝ち抜け)、準決勝「ジャンル別ボードクイズ」(2チーム勝ち抜け)、決勝「ノルマ制早押しクイズ」という3ラウンドで競った。

    1回戦の「勝ち抜け早押しクイズ」は、各校先鋒・中堅・大将を選定して早押しで対決。大将戦が終わるまでどこが勝ち残るかわからない展開となったが、1位・旭丘、2位・開成、3位・栄東、4位・松本深志の順で準決勝に進んだ。仙台第二はわずか1点差で涙を飲んだ。

    準決勝は「ジャンル別ボードクイズ」。「社会」「歴史」「国語」「科学」「生活」「芸能・音楽」「スポーツ」「趣味・娯楽」という8つのジャンルから、難易度の異なる問題が各3問、計24問出題される形式。1人の解答者は8問まで答えられるというルールのため、3人のうち誰が解答席に出るかの戦略が重要になる。

    この準決勝は1位の栄東に続く2位3位争いが最後の1問までもつれた。開成が旭丘を1点リードしている状態で出題された国語の上級問題。

    「百人一首の『夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづくに 月宿るらむ』を詠んだ、清少納言の曽祖父にあたる人物は誰でしょう?」という問題(正解は清原深養父)を、4チームとも正答できずに開成が2位で決勝に進出した。

    決勝は栄東と開成が激突。3人全員が解答席に着き、チーム合計で15問正答した方が勝つ。ただし、3人それぞれが5問正答しなければならないというノルマが付いているというルールだ。誤答をすると問題を最後まで読み直したうえで、相手に解答権が移る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中