2018年 11月 19日 (月)

アジア大会・マラソンが快挙 男子32年ぶり金、女子は2大会連続銀

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ジャカルタ・アジア大会は第8日、2018年8月25日に、男子マラソン決勝が行われ、井上大仁(ひろと)選手(MHPS)が優勝した。タイムは2時間18分22秒。

   終盤、バーレーンのエルアバシ選手と競り合いになったが、同タイムの着差で勝利した。

   同種目の日本の金メダル獲得は1986年のソウル大会以来の32年ぶりの快挙だ。園田隼選手(黒崎播磨)は4位で、惜しくもメダル獲得とはならなかった。

   第9日、26日に行われた女子マラソン決勝では、野上恵子選手(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。優勝はバーレーンのローズ・チェリモ選手で、日本の田中華絵選手(資生堂)は9位だった。女子は2014年のソウル大会に続き、2大会連続での銀メダル獲得となった。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中