2019年 6月 20日 (木)

アジア大会・マラソンが快挙 男子32年ぶり金、女子は2大会連続銀

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ジャカルタ・アジア大会は第8日、2018年8月25日に、男子マラソン決勝が行われ、井上大仁(ひろと)選手(MHPS)が優勝した。タイムは2時間18分22秒。

   終盤、バーレーンのエルアバシ選手と競り合いになったが、同タイムの着差で勝利した。

   同種目の日本の金メダル獲得は1986年のソウル大会以来の32年ぶりの快挙だ。園田隼選手(黒崎播磨)は4位で、惜しくもメダル獲得とはならなかった。

   第9日、26日に行われた女子マラソン決勝では、野上恵子選手(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。優勝はバーレーンのローズ・チェリモ選手で、日本の田中華絵選手(資生堂)は9位だった。女子は2014年のソウル大会に続き、2大会連続での銀メダル獲得となった。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中