2019年 1月 22日 (火)

「ちびまる子ちゃん」のさくらももこさん死去 声優TARAKO「ずっとまあるい笑顔のままです」

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんが2018年8月15日、乳がんのために亡くなった。53歳だった。

   さくらさんの公式ブログなどで8月27日に公表された。さくらプロダクションによると、通夜と告別式は、遺族の意向により親族、近親者のみで執り行われた。

  • さくらさんの公式ブログのトップページ
    さくらさんの公式ブログのトップページ

「良い事も大変な事もいっぱいありました」

   さくらさんは1965年、静岡県清水市(現:静岡市清水区)の生まれ。84年に漫画家としてデビューし、翌86年に「ちびまる子ちゃん」の連載を開始した。その後、「神のちから」や「コジコジ」を手掛けた。

   また、作詞も多数手がけた。「ちびまる子ちゃん」がアニメ化された際の主題歌「おどるポンポコリン」では作詞で90年の第32回日本レコード大賞を受賞。ほかに2012年エンディングテーマに起用した桑田佳祐さん作曲の「100万年の幸せ!!」などがある。

   公式ブログでは訃報のほか、さくらさんが14年に漫画家デビュー30周年を迎えた際のコメントも公開した。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)」

   また、スタッフはブログをこう締めくくっている。

「作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです」

「早すぎます。まだまだやりたいこといっぱい...」

   アニメ「ちびまる子ちゃん」で、主役のまる子を務めた声優のTARAKOさんは書面を通じてコメントを出し、

「早すぎます。まだまだやりたいこといっぱい、いっぱいあったと思います。ずっとお会いしてなかったので、私の中のももこ先生は、ずっと小さくて可愛くてまあるい笑顔のままです」

と偲んだ。

(J-CASTニュース編集部 大山雄也)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中