2018年 11月 15日 (木)

「ちびまる子ちゃん」のさくらももこさん死去 声優TARAKO「ずっとまあるい笑顔のままです」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんが2018年8月15日、乳がんのために亡くなった。53歳だった。

   さくらさんの公式ブログなどで8月27日に公表された。さくらプロダクションによると、通夜と告別式は、遺族の意向により親族、近親者のみで執り行われた。

  • さくらさんの公式ブログのトップページ
    さくらさんの公式ブログのトップページ

「良い事も大変な事もいっぱいありました」

   さくらさんは1965年、静岡県清水市(現:静岡市清水区)の生まれ。84年に漫画家としてデビューし、翌86年に「ちびまる子ちゃん」の連載を開始した。その後、「神のちから」や「コジコジ」を手掛けた。

   また、作詞も多数手がけた。「ちびまる子ちゃん」がアニメ化された際の主題歌「おどるポンポコリン」では作詞で90年の第32回日本レコード大賞を受賞。ほかに2012年エンディングテーマに起用した桑田佳祐さん作曲の「100万年の幸せ!!」などがある。

   公式ブログでは訃報のほか、さくらさんが14年に漫画家デビュー30周年を迎えた際のコメントも公開した。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)」

   また、スタッフはブログをこう締めくくっている。

「作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです」

「早すぎます。まだまだやりたいこといっぱい...」

   アニメ「ちびまる子ちゃん」で、主役のまる子を務めた声優のTARAKOさんは書面を通じてコメントを出し、

「早すぎます。まだまだやりたいこといっぱい、いっぱいあったと思います。ずっとお会いしてなかったので、私の中のももこ先生は、ずっと小さくて可愛くてまあるい笑顔のままです」

と偲んだ。

(J-CASTニュース編集部 大山雄也)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中