2018年 11月 17日 (土)

「明るくて優しくてクレイジーで...」 金爆・鬼龍院、さくらももこさん追悼

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   さくらももこさんの訃報を受けて、ビジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーでボーカルを務める鬼龍院翔さんも、2018年8月27日夜、自身のブログで心情を綴った。

   鬼龍院さんは「さくら先生はいつも明るくて優しくてクレイジーで、素敵な人でした」と生前のさくらさんとの思い出を振り返った。ブログのコメント欄には「ゴールデンボンバーのファンとしてもアニメキャラになったメンバーを見れて嬉しかった」との声が多く寄せられている。

  • 鬼龍院翔さんのオフィシャルブログより
    鬼龍院翔さんのオフィシャルブログより

「ずっとさくら先生の作品が大好きです」

   ゴールデンボンバーは2016年からフジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」の主題歌「おどるポンポコリン」(B.B.クィーンズのカバー)を担当している。オープニングではメンバーがアニメキャラクターとなり出演し、本編にもゲスト出演することもあった。

   鬼龍院さんは「おどるポンポコリンを歌わせて頂いたり、ゴールデンボンバーを登場させて下さったりと、さくら先生の作品に関わらせて頂いたことをとても嬉しく誇りに思います」と綴り、

「さくら先生のように、素晴らしいものを作って行けるよう頑張ります。沢山の素敵な作品をありがとうございます。ずっとさくら先生の作品が大好きです」

と、感謝の気持ちを表した。

   コメント欄にはゴールデンボンバーとちびまる子ちゃんの関係を振り返り、感謝の気持ちを述べる声が多く見受けられた。

「まだまだお若くて信じられませんが、私も子どもの頃からちびまる子ちゃんをよく見ていました。そんな作品にボンバーさんが出てくれて、本当に嬉しいです!」
「ボンバーさんがちびまる子ちゃんのおどるポンポコリンを歌った事、アニメにキャラで出演された事、本当に嬉しかったです。心よりご冥福をお祈りします」

   ゴールデンボンバーのメンバーは、それぞれSNSでさくらさんの訃報に対して心情を述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中