2018年 9月 18日 (火)

大滝詠一、桑田佳祐... 作詞家・さくらももこは如何に「大物」口説いたか

印刷

   53歳で亡くなった漫画家・さくらももこさんは、生前に作詞家としても活動していた。

   関わった作曲家は豪華な顔ぶれだ。織田哲郎さん、筒美京平さんといった名作曲家や大滝詠一さん、細野晴臣さん、忌野清志郎さん、桑田佳祐さんなどロック・ポップスの重鎮たちとの楽曲制作の経験もある。

  • 「100万年の幸せ!!」が収録された桑田佳祐さんのベストアルバム「I LOVE YOU -now & forever-」
    「100万年の幸せ!!」が収録された桑田佳祐さんのベストアルバム「I LOVE YOU -now & forever-」

巨人の優勝と引き換えに

   さくらさんのアニメ作品である「ちびまる子ちゃん」ではOP曲としてさくらさんが作詞、大瀧詠一さんやコーネリアスの小山田圭吾さんが作曲した楽曲が使われた。また、1990年、第32回日本レコード大賞を獲得した「おどるポンポコリン」も泉谷しげるさん、木村カエラさん、トータス松本さんらがカバーした。

   こうした豪華な顔ぶれが実現したウラには、さくらさん自身の働きかけもあったという。

   さくらさんが歌詞を手掛け、「ちびまる子ちゃん」で植木等さんが歌った「針切じいさんのロケン・ロール」(シェブ・ウーリーのカバー、さくらさんは訳詞)と渡辺満里奈さんが歌う「うれしい予感」の2曲に参加した大滝詠一さん。さくらさんは以前から大ファンだったそうだ。

   2014年に集英社から発売されたさくらさんのムック本「おめでとう」によると、ダメ元で大滝さんに制作を依頼したところ、「(読売)ジャイアンツが優勝したら」という条件でテーマソングを作ると返答があった。

   さくらさんは「あんなに白熱して野球を観た事はない」と語るほどジャイアンツを必死に応援した。奇しくも約束したと思われる1994年は「10.8決戦」と言われるリーグ最終戦で勝ったチームがセ・リーグを制するという稀有なシーズンだったが、見事優勝を果たした。すると、決まった直後に、

「約束通り、まる子ちゃんのテーマソングを作ります」

とファクスが届き、先の2曲が誕生した。

桑田佳祐は手紙で口説いた

   2012年から5年間にわたりED曲として起用された「100万年の幸せ!!」では、作曲と歌唱を桑田佳祐さんが手掛けた。

   さくらさんは、大滝さん同様に以前から桑田さんのファンであった。18年1月13日に公開された自身のブログでは桑田さんについて、

「桑田さんて若い頃から現代に至るまでゆるぎない特別な才能があり、いかにたくさんの人々を魅了してきたか、もちろん私もサザンのデビューの頃から魅了されっぱなし」

と絶賛していた。

   桑田さんは12年7月18日、「SONGSスペシャル『桑田佳祐の歌ってガッテン!』」(NHK)で制作の経緯について話している。

   その年の1月7日に手紙で楽曲制作の依頼があった。

「そんな文量の多い手紙ではなかったですけども、今の世の中とかね、それから子供たちの将来の事とか、いろんな事が書いてありまして」
「(さくらさんから)つたない詞を作ったんですけども、曲を作ってくれませんか、ずうずうしくてごめんなさいって書いてあったんですよ」

   手紙を受け取った翌日までにはさっそく作曲に取りかかったという。

「手紙もらって字を見た瞬間にピンとくるというか、またこれも縁じゃないかと思うんですけど、ありがたいなと思ったんですね」

   また、メロディを作りやすいようにするための配慮か、1行の字数が全て揃っていたそうだ。誰かの詞に曲をつけるのが初めての経験だった桑田さんは、

「これは非常に、作曲をする立場としては非常にありがたいなと思って」

と語っている。

(J-CASTニュース編集部 大山雄也)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中