2018年 9月 23日 (日)

森末慎二、体操協会を批判 塚原夫婦そろって「この位置にいる事自体おかしい」

印刷

   五輪体操の金メダリスト森末慎二氏(61)も、「暴力・パワハラ」をめぐる「選手VS体操協会」の対立に参入した。現執行部体制に対し、「イエスマンだけを(周囲に)置いている」と批判を展開し、選手擁護の立場を鮮明にした。

   暴力を理由にコーチが処分された宮川紗江選手(18)が、処分を下した日本体操協会の方から逆に「パワハラ」を受けたと会見で述べた問題は、協会幹部による反論を招くなど混迷の度合いを深めている。そんな中、森末氏が指摘した協会の「闇」とは......

  • 森末慎二さんも発言を始めた(画像は、所属事務所サイトから)
    森末慎二さんも発言を始めた(画像は、所属事務所サイトから)

「言うことをきく人たちしか存在しないように見えます」

   ロサンゼルス五輪(1984年)の体操男子、鉄棒で金メダル、跳馬で銀、団体で銅メダルをとった森末氏は2018年8月30日、「ビビット」(TBS系)に出演した。

   番組では、前日の宮川選手の会見の模様を詳しく紹介。宮川選手は

「(塚原千恵子)強化本部長の周りには、言うことをきく人たちしか存在しないように見えます」
「(言いたいことを言えない選手やコーチが多くいるなど)私はこれこそ権力を使った暴力だと感じます」

などと、はっきりした口調で協会批判を展開した。

   森末氏は、この会見について「勇気がいったこと」と評価し、「(こうした問題が表に)出てほしいと思っていた」と、協会内に問題があったと認識していたことを明かした。

   また、今回、名指しでパワハラの主と指摘された塚原・女子強化本部長と、塚原光男・副会長の夫婦2人が協会の要職を占めている現状について、

「協会内で夫婦でこの位置にいる事自体、何かおかしいですもんね」

と違和感を表明した。さらに、現在のナショナルチームのコーチ陣には、塚原本部長が女子チームの監督を務める朝日生命体操クラブのコーチらが「結構入っている」と指摘し、

「ノーという人は排除して、イエスマンだけ(周囲に)置いているということでしょうね」

と、会見での宮川選手の発言を追認するような現状認識を示した。

塚原副会長は「ウソが多い」と反論

   番組では1991年にあった全日本体操選手権の「ボイコット事件」を紹介。当時、塚原氏が中心となっていた審判団の採点姿勢に不満が噴出し、91人中55人がボイコットする事態となり、塚原氏は辞任に追い込まれた。この事件について、森末氏が

「点をつける審判が(塚原氏の)自分側だと、そこ以外の選手は点が出ない。なら、やってもしょうがない、となった」

と当時の空気を解説。スタジオでは、日本ボクシング連盟で問題となった、理事長側に有利な恣意的判定である「奈良判定」を例に出し、

「奈良判定と変わらない」

と感想を述べる出演者もいた。

   一方、塚原副会長は30日朝、宮川選手会見に反論し、 「なぜ彼女があんなうそを言うのか。ウソが多いから今日プレスリリースをします。(会見は)必要だったらします」と報道陣に語った。

   混迷を深める体操協会問題の着地点はまだ見えてこない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中