2018年 11月 15日 (木)

カラテカ矢部 「大家さんと僕」を休載

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   お笑いコンビ、カラテカの矢部太郎さんが「週刊新潮」で連載していた実話漫画「大家さんと僕」が休載すると、2018年8月30日発売の「週刊新潮」(9月6日号)で発表された。

   誌面で矢部さんは「読者のみなさまへ」題した文章で、

「あまりに突然のことで僕は、まるですべてが失われてしまったかのような喪失感でいっぱいです」
「大家さんが望まれたような『にぎやかな一冊』にできるように、僕は一旦、ここで深く潜りたいと思います」

などと記し、休載を伝えた。

   「大家さんと僕」は、矢部さんが住むアパートの大家さんとの交流を描いたエッセイ漫画。ほのぼのとしたタッチの絵柄と、心温まる大家とのエピソードで人気を集めている。「小説新潮」の2016年4月号から17年6月号まで全15回連載されていた作品だった。描き下ろしを加えて17年10月31日に単行本として発売されたが、その後、しばらくブランクがあり、18年4月25日発売(5月3・10日合併号)の「週刊新潮」で連載が再スタートしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中