2018年 9月 19日 (水)

カラテカ矢部 「大家さんと僕」を休載

印刷

   お笑いコンビ、カラテカの矢部太郎さんが「週刊新潮」で連載していた実話漫画「大家さんと僕」が休載すると、2018年8月30日発売の「週刊新潮」(9月6日号)で発表された。

   誌面で矢部さんは「読者のみなさまへ」題した文章で、

「あまりに突然のことで僕は、まるですべてが失われてしまったかのような喪失感でいっぱいです」
「大家さんが望まれたような『にぎやかな一冊』にできるように、僕は一旦、ここで深く潜りたいと思います」

などと記し、休載を伝えた。

   「大家さんと僕」は、矢部さんが住むアパートの大家さんとの交流を描いたエッセイ漫画。ほのぼのとしたタッチの絵柄と、心温まる大家とのエピソードで人気を集めている。「小説新潮」の2016年4月号から17年6月号まで全15回連載されていた作品だった。描き下ろしを加えて17年10月31日に単行本として発売されたが、その後、しばらくブランクがあり、18年4月25日発売(5月3・10日合併号)の「週刊新潮」で連載が再スタートしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中