2019年 1月 17日 (木)

カラテカ矢部 「大家さんと僕」を休載

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ、カラテカの矢部太郎さんが「週刊新潮」で連載していた実話漫画「大家さんと僕」が休載すると、2018年8月30日発売の「週刊新潮」(9月6日号)で発表された。

   誌面で矢部さんは「読者のみなさまへ」題した文章で、

「あまりに突然のことで僕は、まるですべてが失われてしまったかのような喪失感でいっぱいです」
「大家さんが望まれたような『にぎやかな一冊』にできるように、僕は一旦、ここで深く潜りたいと思います」

などと記し、休載を伝えた。

   「大家さんと僕」は、矢部さんが住むアパートの大家さんとの交流を描いたエッセイ漫画。ほのぼのとしたタッチの絵柄と、心温まる大家とのエピソードで人気を集めている。「小説新潮」の2016年4月号から17年6月号まで全15回連載されていた作品だった。描き下ろしを加えて17年10月31日に単行本として発売されたが、その後、しばらくブランクがあり、18年4月25日発売(5月3・10日合併号)の「週刊新潮」で連載が再スタートしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中