2018年 9月 19日 (水)

神保町「ジャニス」11月閉店 レンタルCDの名店、音楽界からも惜しむ声が

印刷

   東京・神田小川町にあるレンタルCD店「ジャニス」が2018年8月30日、公式サイトで11月で閉店する発表した。

   この知らせは31日朝にはツイッタートレンド入りを果たすなど話題になっており、著名なミュージシャンも反応している。

  • 「ジャニス」のホームページより
    「ジャニス」のホームページより

1981年創業の「音の図書館」

   ジャニスは1981年に創業を始めた。当初はCDというメディアがなかったため、貸レコード店だった。公式サイトによると、当初は「音の図書館を作ろう!!」というコンセプトであった。そのコンセプトを裏付けするかのように現在、8万枚の在庫がある。

   大手レンタルチェーンには見られないマニアックな在庫も人気だ。在庫の多さからか、ジャンル分けも非常に独特で、邦楽で言えば「GS(グループサウンズ)」や「邦HR/HM」はもちろん、「80'Sインディーズ」や「細野晴臣とその仲間たち」とピンポイントなジャンル分けがあった。こうしたきめ細かなジャンル分けも音楽ファンの心をつかんでいた。

   中古販売を行う「ジャニス2号店」もある。

   ツイッター上では、

「フィジカルの宝の山が崩れ去るような感覚。きつい」
「オークションで数万円するCDがレンタルで聴ける貧乏ヘッズとしては楽園みたいな場所」

と惜しむ声が多い。

   また、元電気グルーヴのメンバーで佐野元春さんやアイドルグループ「Kis-My-Ft2」らの作品も手がけるサウンドプロデューサーの「CMJK」さんは、かつてジャニスの店員だったことをツイッターで明かしており、閉店のニュースに、

「高卒で仙台から上京してきたぼくにとってはジャニスが大学でした。ジャニスがなかったら今の自分はありません」

とコメントしている。

2号店の今後は?本店に聞くと...

   2018年8月31日、J-CASTニュースはジャニス本店に電話を通じて取材を行った。

   ジャニス2号店の去就など、閉店についての詳しい話を聞いたが、

「ホームページに載っていることが全てです」

   との回答。ホームページに掲載されている情報以外については、まだ決まっていない部分が多いという。

   今後の情報については、

「追加情報はホームページやツイッターを見てほしい。できるだけ細かい情報を出していきたい」

とのことであった。

(J-CASTニュース編集部 大山雄也)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中