2018年 9月 26日 (水)

「女帝」千恵子氏、あの人に似てる? 視聴者「ダブって...」「そっくり」

印刷

   体操界の大物女性が、指摘されたパワハラ疑惑を否定した。マスコミ各社の取材に応じており、テレビ局による電話でのやりとりも放送された。協会内で女帝と言われている、とも報じられており、その話しぶりは実に堂々としたものだった。

   こうした展開のなかツイッターでは、以前注目を集めたレスリング界のパワハラ騒動で会見した女性学長を思い出し、「よく似ている」と指摘する声も出ている。

  • 日本体操協会の公式サイト
    日本体操協会の公式サイト

「私は普通に指導だと思ってます」

   日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)は、暴力が理由でコーチが解任された宮川紗江選手(18)から、パワハラ言動があったと会見で指摘された。「モーニングショー」(テレビ朝日系)は会見2日後の2018年8月31日、塚原氏への電話取材の模様を放送した。

 

   パワハラ指摘に対しては、

「私は普通に指導だと思ってます」

と否定。指示に従わないと五輪に出場できなくなる、という「発言」については、

「しません。(記者『電話で...』)しません」

と、強い口調で言い切った。ただ、宮川選手の成績が下がった際に、このままでは出られなくなる、という趣旨の発言はしたという。他にも、

「向こう(宮川選手)が(自分とコーチを引き離そうとしていると)『確信した』と言ったのを聞いて、『えっ』と笑いました。(彼女が)想像したのはあるかも」

と、あくまで「想像」に過ぎない、と余裕のあるところを見せる一幕もあった。

   氏は夫の光男・協会副会長とともに、宮川会見後から反論を展開し、マスコミ取材にも応じている。31日昼には反論文も公表した。

「ド迫力」学長思い出す人が次々

   こうした流れのなか、レスリングの伊調馨選手へのパワハラ問題で会見し、(監督による)パワハラを否定した谷岡郁子・至学館学長(64)を思い出した人が、ツイッターで2人が「そっくり」だと指摘している。

「女子体操の塚原氏と女子レスリングの谷岡学長、同じ人種だろ」
「あの学長にそっくり」
「今回の体操の人、レスリングの時の学長とダブって見える」

といった調子だ。谷岡学長による3月のパワハラ否定会見は、その内容だけでなく、その語りぶりが「ド迫力」と注目を集めた。

「そもそも伊調馨さんは選手なんですか?」
「その程度のパワーしかない人間なんです、(監督の)栄和人は。パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものであるか、私には分かりません」

と自信たっぷりに語る場面は、何度もテレビで放送された。

   2人を結びつけるツイートは、塚原本部長の肉声による反論がテレビ放送される前から出ており、「選手vs権力者」の構図や、発言したとされる内容から共通点をかぎとった人もいるようだ。

   体操協会は、パワハラ指摘について第三者委員会を立ち上げて調査する方針を公表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中