2018年 9月 22日 (土)

北海道で震度6強 約295万戸で停電、大規模な土砂崩れも

印刷

   2018年9月6日未明、北海道胆振地方を震源とする地震があり、震度6強を観測した。気象庁によると、地震の規模(マグニチュード)は6.7と推定される。余震とみられる地震も相次いでいる。

   道内全域で停電したほか、厚真町で大規模な土砂崩れが発生するなどの被害が報告されている。各地でけが人や家屋倒壊も相次ぎ、生き埋めになっている人がいる模様だ。

  • 北海道・胆振地方で震度6強が観測された(画像は気象庁サイトより)
    北海道・胆振地方で震度6強が観測された(画像は気象庁サイトより)

3時8分ごろ発生

   6日未明の3時8分ごろ発生した地震で、安平町で震度6強を観測したほか、千歳市で震度6弱、札幌市北区で震度5強を記録した。

   北海道電力などによると、道内の火力発電所が連鎖的に止まり、道内全戸、約295万戸で停電が発生した。北電泊原発(泊村)で外部電源が喪失したが、原子力規制委員会の6時45分の発表によると、非常用ディーゼル発電機で使用済燃料プールの冷却は正常に行われているという。また、JR北海道も道内全線の運転を停止した。

   厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、生き埋めになっている人もいる模様だ。9時現在、NHKなどによるとけが人が100人以上出ているほか、20人近い安否不明者も報告されている。

   (追記)気象庁は6日午後、「入電していなかった地点」のデータが入り、震度7を観測していたことが分かったと発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中