2022年 8月 10日 (水)

「不謹慎狩り」引き起こすソーシャル・ジャスティス・ウォリアー 長谷川京子は謝罪に追い込まれた

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

   北海道で2018年9月6日未明に発生した最大震度7の地震を受け、芸能人への「不謹慎狩り」が発生した。女優の長谷川京子さんが6日、インスタグラムにアップした誕生祝いの写真を「失礼な事をした」と削除、謝罪したのだ。

   ファンと交流を楽しむはずのSNSが、大災害が起きると一転、厳しい検閲にさらされる。なぜ昨今、こんな現象が続いているのか。専門家はネット上にひそむ「ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー」の存在を指摘する。

  • 「申し訳ありませんでした」とお詫び(画像は、インスタグラムのスクリーンショット)
    「申し訳ありませんでした」とお詫び(画像は、インスタグラムのスクリーンショット)
  • 「申し訳ありませんでした」とお詫び(画像は、インスタグラムのスクリーンショット)

長谷川さん「空気の読めないものをあげてしまった」

   長谷川さんは2018年9月6日、女優の井川遥さんを含めた4人で食事している様子の写真を、インスタグラムにアップ。知人の誕生日を祝う会だったようで、「これまたHappy Birthday!! さだちゃん&まき姉 #happybirthday#井川遥」と投稿した。

   インスタのコメント欄では、北海道で6日未明に発生した最大震度7の地震で被災した人がいるのに不謹慎だ、という趣旨のコメントも。長谷川さんはこうした声に配慮したのか、7日のインスタで

「昨日、わたしが載せていただいた写真で不快な気持ちになった方がいたと思います。北海道では大きな災害があり、労りの言葉なく、空気の読めないものをあげてしまったこと、現地で大変な思いをされている方に失礼な事をしてしまいました。申し訳ありませんでした」

とお詫びした。

   続けて「写真のものは随分前に撮影したもので、ここ数日行われたものではありません。一緒に写っている方にも迷惑をかけてしまいました」と説明。その上で、

「これからは今まで以上に、このような事が起きないよう注意していきます。そして、災害に遭われた方たちに心よりお祈りを。少しでも早くて事態が落ち着き、穏やかな生活に戻れますように...」

と被災地の1日も早い復興を願い、件の写真を削除した。

   SNSなどのウェブサービスに詳しいITジャーナリストの高橋暁子氏は、2018年9月7日のJ-CASTニュースの取材に、今回のようなケースは「不謹慎狩り」にあたると指摘した。不謹慎狩りとは、芸能人が大災害の発生時にSNSで楽しそうな投稿をすると、「被災した人がいるのに不謹慎」と批判を浴びる現象だ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中