2019年 12月 13日 (金)

おいちゃん・おばちゃん・タコ社長は...? どうなる「男はつらいよ」最新作

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   シリーズ49作が公開された人情喜劇映画「男はつらいよ」の第1作公開から2019年で50年を迎える。

   それに向けてシリーズ50作目となる「男はつらいよ」の新作映画の公開が決定した。しかし、「主演」とアナウンスされた渥美清さんや主要キャストなどすでに鬼籍に入った方も多い。どのように対応できるのか。

  • 葛飾柴又寅さん記念館内に再現された「くるまや」のセット(2017年12月記者撮影)
    葛飾柴又寅さん記念館内に再現された「くるまや」のセット(2017年12月記者撮影)

過去の作品をミックス

   「男はつらいよ」は東京・葛飾区は柴又を主な舞台に、主人公でテキヤ稼業をやりながら全国を旅する車寅次郎(寅さん)と作品ごとに変わるヒロインとの恋模様や柴又の家族と起こす騒動を描いた人形喜劇だ。

   2018年9月7日、東京都内で50周年プロジェクトの発表会が行われた。その中で「男はつらいよ」の新作映画が公開されると発表された。主演は渥美さんのまま、車家と諏訪家の「寅さん」の家族の物語を新たに撮影。過去の渥美さんの出演場面をミックスさせて構成するという。

   渥美さん以外のキャストについても発表され、寅さんの妹・さくらを演じる倍賞千恵子さん、さくらの夫である諏訪博役を前田吟さん、2人の息子の満男役を吉岡秀隆さんがそれぞれ引き続き演じる。

   過去の出演映像を織り交ぜながらも、新たに撮影した映像を加えるのは今回が初めてではない。渥美さんが亡くなった1年後の1997年に公開された、シリーズ49作目にして18年現在の最新作である「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」は、新作パートはわずかで、過去の作品の映像をメインに構成された。

   しかし、純粋な新作は95年「寅次郎紅の花」から20年以上のブランクが空いている。そのため、先の3人以外の主要キャストで渥美さん同様、既に亡くなってしまった人もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中