2018年 11月 18日 (日)

安倍首相、文在寅氏への返信「5日遅れ」 台湾との「扱いの差」に意味は?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   意図的な「スルー」だったのか、単なる「うっかり」なのか――。

   安倍晋三首相が2018年9月11月午前、公式ツイッターを通じ、韓国・文在寅大統領への「感謝」のメッセージを発した。文氏が台風21号、北海道胆振東部地震(北海道地震)に対し、お見舞いツイートを書き込んだことへの返礼だ。

   ところが文氏のツイートは、5日も前のものだった。ほぼ同時にエールをつぶやいた台湾や豪州の首脳に対しては、翌日にレスポンスを返したにも関わらず、文氏だけが「放置」された格好になっていたのである。

  • 文大統領のツイートと、5日遅れの返信
    文大統領のツイートと、5日遅れの返信

文氏「日本の底力が発揮されると信じる」

   事の起こりは文氏が6日夜、ツイッターでこうつぶやいたことだ。

「台風や地震で犠牲になった、大阪と札幌の住民を哀悼いたします。(中略)災害が相次いで発生していますが(中略)日本の底力が発揮されるものと信じています」

   4日に日本に上陸し、大阪などに被害をもたらした台風21号。6日に起こった北海道地震。日本を相次いで襲った自然災害に対し、犠牲者を悼むとともに、復興へのエールを送る内容だ。同じ6日夕方には、オーストラリアのスコット・モリソン首相から、同じ日の夜には台湾の蔡英文総統から、同様の「お見舞い」がツイッターを通じて寄せられている。

   ところが明けて7日、安倍首相は、

「古くからの友人である台湾の皆さんからの心温まるお見舞いの言葉,ありがとうございます」
「モリソン首相,あなたの温かい連帯の言葉に心から感謝します。我々は,あなたのご親切に励まされています」

と台・豪の首脳にお礼の言葉をツイートするも、文氏への返信はなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中