2019年 12月 6日 (金)

塚原副会長、TV生激白で「ウソ」説明!? 池谷氏が発言内容を次々否定

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

池谷氏「1人1人のミーティングはないそう」

   こうした塚原副会長の説明に対し、9月11日放送の「ミヤネ屋」に生出演した池谷氏は相反する見方を示した。

「現場にいる選手たちから聞いているんですけれども、代表選手が1人1人呼ばれたというミーティングは全くないそうです。全員を呼んでいないし、今までも代表合宿で1人(だけ)呼ばれるということはなかったそうです。(宮川)紗江選手だけが1人呼ばれたという(こと)。そういう状況は今までなかったそうです、残念ながら」

   池谷氏の反論は、これにとどまらない。

   プロジェクト「2020東京五輪特別強化」について、塚原副会長が「通常はコーチと2人で練習する」と説明。加藤さんが「速見コーチも入れるんですか?」と聞くと、

「来てもらわなきゃ困るわけですよ。マンツーマンでやるのが基本ですから」

と答えていた。

   しかし、宮川選手は「基本的に『2020』の専任コーチがいるから、速見コーチは入れないと言われた」と明かしており、塚原副会長の説明と矛盾する。この点について、塚原副会長は「全然違います。それは最近の話」と否定した上で、

「所属の問題が絡んでいるんですよ。(宮川選手の)所属クラブから文書が来た時に、速見コーチは暴力の対象になっていて、体操協会が聞き取りをしないといけない状況だと聞いた」

と述べた。

   だが、池谷氏は「ミヤネ屋」で「いや~それはもっと前からの話」と反論。「暴力うんぬんというのは、文書が来たところから始まっている。でも、『2020』は昨年(17年)の頭からやっている。時期がずれています」との見方を示した。

   宮川選手は18年6月に2020年東京五輪特別強化選手に追加されており、池谷氏は「(宮川選手は)1年半の間、『2020』じゃないからという理由で練習を切られていた」と訴えていた。

   こうした池谷氏の反論もあり、塚原副会長のテレビ生激白は「不発」に終わった感が強い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中