2018年 9月 26日 (水)

岩隈久志、「獲得」最有力の日本球団は? マリナーズ退団後をデータで占う

印刷

   MLBのマリナーズは2018年9月11日(日本時間12日)、岩隈久志投手が今季限りで退団すると発表した。昨年はMLB初の未勝利に終わり、9月には右肩の手術を受けた。今季はマイナー契約からスタートしメジャー復帰を目指したが、メジャーのマウンドに立つことが出来なかった。岩隈は日本球界の復帰を視野に入れ、現役続行の意志を見せている。

   メジャー通算63勝投手の次なる舞台はどこになるのか。選択肢としては、日本、米国独立リーグ、韓国、台湾、メキシコなどのリーグがある。これらの選択肢の中で、岩隈本人は日本球界復帰を強く望んでいる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「日本でキャリアを終えようと思う」

   MLBの公式サイトでマリナーズを担当するグレグ・ジョンズ記者は9月12日、自身のツイッターで岩隈の記事を紹介。「岩隈、日本でのカムバックを計画」のタイトルがついたレポートの中で岩隈のコメントを次のように伝えた。「残念ながらマリナーズでの復帰とはならなかったが、プロ生活をスタートさせた日本でキャリアを終えようと思う」。

   2000年に近鉄でプロキャリアをスタートし、楽天、マリナーズでキャリアを積んできた。マリナーズに移籍した12年の前半戦こそ抑えに回ったが、これ以外は先発としてローテンションを守ってきた。だが、今季メジャーのマウンドに上がっていないことでも分かるように、手術を受けた右肩の回復が思わしくなく、長いイニングでの投球は厳しいものとなる。起用法としては、中継ぎ、抑えのどちらかとなるだろう。

   では、日本球界の各球団の中継ぎ、抑え投手の事情はどうか。セ・リーグでは、セーブ数は中崎翔太(広島)、ドリス(阪神)、山崎康晃(横浜)が「29」でトップを並走。これに「28」の石山泰稚(ヤクルト)が続く。中日、巨人に関しては、現在、抑えの大黒柱がおらず、勝ち切れない試合が続く中日はペナントレースの最下位に沈んでいる。

   中継ぎに関しては、5強1弱の状況にある。中日以外の5球団は比較的安定した数字を残している。現在、セ・リーグのホールド、ホールドポイント部門で所属選手がベストテンに入っていない唯一の球団が中日で、来季へ向けて投手の補強が急務である。

   一方のパ・リーグはどうだろうか。抑えは、増井浩俊(オリックス)のセーブ数「31」が抜けている。これに続くのが、森唯斗(ソフトバンク)の「27」、内竜也(ロッテ)の「25」である。古巣の楽天はハーマン、日本ハムは石川直也とトンキンの二本柱がクローザーを担っているが、この2チームに比べてやや戦力が落ちるのが西武だ。増田達至とヒースの2人が抑えのマウンドに上がっているが、絶対的な存在ではなく、安定感に欠ける。

   中継ぎに目を移すと、ここでも西武の「投壊」ぶりが見て取れる。上記の中日同様に、ホールド、ホールドポイント部門で西武の投手は誰一人ベストテンに名を連ねているものはいない。ただ、中日との違いは、9月11日現在、2位ソフトバンクに4ゲーム差をつけて1位につけているところ。強力な打撃陣が投手陣の失態をカバーしている。

幼いころ憧れた球団は・・・

   上記を整理すると、セ・リーグで岩隈獲得の可能性が高いのは中日ではないか。一方で、巨人の動向も見逃せない。過去、実績のある選手を金にものを言わせて獲得してきた歴史があり、2017年にカブスを退団した上原浩治を獲得しただけに、可能性は十分にある。

   パ・リーグで投手の補強が求められるのは西武。この西武だが、実は岩隈が熱烈なファンだった球団として知られる。幼いころには球団のファンクラブに入るほどのファンだったという。日本球界から7年間、離れていたとはいえ、日本では近鉄、楽天とパ・リーグを歩んでいることから環境的にはパ・リーグが最適だろう。これに加えて憧れの西武が名乗りを上げれば相思相愛となるのは確実。ズバリ、日本球界復帰のチームは西武が最有力とみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中