2019年 5月 24日 (金)

麻生氏が公然と「恫喝」発言 自民総裁選、閣僚への「圧力問題」で

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自民党の総裁選(2018年9月7日告示・20日投開票)は、最終盤になって斎藤健農水相に対する「圧力」問題をめぐる応酬が続いている。

   とりわけ安倍晋三首相(党総裁)陣営からの発言が活発で、麻生太郎財務相は、現役閣僚が現役首相の対抗馬を支援することは不適切だとする考えを公然と主張。それでも支援した場合は「どういうことになるかという話を根本に据えておかないと」とまで述べ、今後は冷遇されることを強く示唆した。

  • 麻生太郎財務相(2007年撮影)
    麻生太郎財務相(2007年撮影)

「あんなことウジウジ言ったらね、斎藤健の価値が下がるぞ」

   斎藤氏は9月14日の石破派の会合で、

「私は、ある安倍応援団の一人に言われました。『斎藤よ、内閣にいるんだろ?石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ』。こう言われました」

などと述べ、これが安倍陣営からの「圧力」だとして波紋を広げていた。

   安倍氏は17日夜放送の「報道ステーション」(テレビ朝日)で、発言をした人物や、発言の文脈を明らかにすべきだと主張。石破氏は財務省のセクハラ問題と「仕組みが似ている」と反発していた。候補者同士の議論が平行線をたどる中で、安倍陣営からは「援護射撃」が相次いだ。

   安倍陣営の選対事務総長を務める甘利明元経済再生担当相は17日夜にBS日テレで放送された「深層NEWS」で、こういった「圧力話」は相互にあり得る話だと主張した。

「(圧力の話は)私の耳には入ってないですけれどね。ヒートアップしてくれば、両方でいろんなことは言いますよ。相手陣営からもこっちにいろんな話があると来ますが、そんなの歯牙(しが)にもかけるな、と」

   その上で、こういった「圧力」をめぐる話を斎藤氏が暴露したことに不快感をにじませた。

「斎藤さんもね、私の派閥横断の勉強会にも入っているナイスガイですよ。だからあんなことウジウジ言ったらね、斎藤健の価値が下がるぞ、と。歯牙にもかけるなと(言いたい)。で、安倍総理はね、そんなね、何派だから閣僚にいていい悪いとか、そんなね、了見の狭い男じゃないですから。こんなの話題にすることすら恥ずかしい話だから無視しろっていうことですよ、そんなの聞こえてきても」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中