2019年 6月 18日 (火)

柳田「打球直撃」つぶやいたら... 謝罪に追い込まれた世田谷区議

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球・西武ライオンズの栗山巧選手に対し、ツイッターで「図太い神経」などと書き込んだとして、東京・世田谷区議の藤井まな氏が2018年9月19日、ブログで「配慮が足りなかった」と謝罪した。

   藤井区議の書き込みをめぐっては、西武のファンらから批判が相次いでいた。

  • 藤井区議の投稿(現在は削除済み)
    藤井区議の投稿(現在は削除済み)

「これくらい図太い神経じゃないと...」

   騒動の火種となったのは、9月16日の西武対福岡ソフトバンクホークス戦での「事故」だ。試合前の練習で、栗山選手の打球が一塁側ブルペン付近でストレッチをしていたソフトバンク・柳田悠岐選手の左側頭部に当たり、緊急搬送された。

   この一件を受け、藤井区議は17日にツイッターで、「打球直撃」「柳田」のハッシュタグとともに、

「西武の栗山には怒りを感じてしまう。これくらい図太い神経じゃないと、プロではやっていけないということなんだろうか」

などと投稿した。

   ツイートは西武ファンを中心に波紋を広げ、「不可抗力の打球に因縁つけるなんて、ずいぶんとまぁ」「ライオンズファンとして本当に許せない」と非難が集中した。

   投稿から約20分後、藤井区議はふたたびツイッターを更新し、こう書き込んだ。

「自分の正直な気持ちを書きましたが、栗山選手のファンから多数のご批判頂きました。自らを戒めるためにもツイートはそのままにしておきますので、ご批判してください」

   だがそれから10分後、前言を撤回して前述した2件の投稿を削除。

「大変、多くのご批判とツイートは消すべきだという御提言いただきましたので、先ほどのツイートは消します。申し訳ございません」

とお詫びした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中