2020年 11月 1日 (日)

宮脇咲良、HKT2年半も離脱!「リアル浦島太郎やだよ」と戦々恐々

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   HKT48の宮脇咲良さん(20)らAKB48グループのメンバー3人が、2年6か月にわたって同グループの活動から離れることになった。3人は、日韓で放送されたオーディション番組「PRODUCE(プロデュース)48」合格者12人でつくる日韓合同ユニット「IZ*ONE(アイズワン)」への参加が決まっており、IZ*ONEの活動に専念することになったためだ。

   3人がAKBグループとしての活動を再開するのは2021年4月で、その半年後にはHKT発足から丸10年を迎える。物事の動きが速いアイドル業界では、2年半という期間は長く、宮脇さんは「みんな辞めちゃだめだよ リアル浦島太郎やだよ」と戦々恐々だ。

  • HKT48の宮脇咲良さん。2021年4月までAKB48グループを離れて活動する(2018年8月撮影)
    HKT48の宮脇咲良さん。2021年4月までAKB48グループを離れて活動する(2018年8月撮影)
  • HKT48の宮脇咲良さん。2021年4月までAKB48グループを離れて活動する(2018年8月撮影)

主力メンバーを2人も「韓国に持っていかれる」

   宮脇さん以外にIZ*ONE専任が決まったのは、HKT48の矢吹奈子さん(17)とAKB48の本田仁美さん(16)。IZ*ONEは10月29日に韓国でデビューアルバムを発売し活動を始める。日韓以外でも活動予定で、宮脇さんは

「世界に向けて活動する分、48グループの名に恥じないようなアイドルになって帰ってきたいです」

と意気込むコメントを出した。

   宮脇さんは18年6月に開票されたAKB48グループの選抜総選挙で3位、矢吹さんは9位にランクイン。特に矢吹さんは18年5月発売のHKTの楽曲「早送りカレンダー」で、田中美久さん(17)とダブルセンターを務めた。HKTからすれば主力メンバー2人を「韓国に持っていかれる」形で、戦力ダウンは必至だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中