2020年 1月 28日 (火)

「ライオンズ・ブルーの呪い」破れるか 運命の3連戦に祈る西武ファンたち

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2018年9月27日時点でマジック5の埼玉西武ライオンズは、同日からメットライフドームで2位の福岡ソフトバンクホークスとの3連戦。最短で29日の優勝が可能な状況となっている。そんな中、ネット上では「ライオンズ・ブルーの呪いを打破せよ!」との声が上がっている。

   「ライオンズ・ブルーの呪い」とは、西武が2009年以降、リーグ戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズのいずれにおいても優勝していない事実と、同じく2009年からユニフォームの色が大きく変わった事実を重ねて、一部の西武ファンが「呪い」と表現していることを指す。もちろん、単なる偶然であることは明らかだが、2009年以降の西武を見ると、ファンが「呪い」とでも言いたくなるシーズンがあったのも事実だ。

  • 埼玉西武ライオンズの公式サイトから
    埼玉西武ライオンズの公式サイトから

2010年はM4でリーグ優勝を逃す

   西武は2008年に、当時の渡辺久信監督のもとリーグ戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズで優勝。翌年の2009年は4位に終わるも、その翌々年の2010年にはリーグ戦でマジックを4とした状態で敵地ヤフードームに乗り込んだが、ソフトバンクに3連勝され、その後マジックが消滅。そのままリーグ優勝を逃した。

   一方のユニフォームだが、2008年までは水色をベースとしたものだったが、2009年からは紺色をベースにしたものになっている。水色に関しては「ライオンズ・ブルー」、2009年以降は「レジェンド・ブルー」と呼ばれ、公式サイトの2009年1月1日付の記事では、「ライオンズ・ブルーは『栄光』を象徴した伝説を紡ぐ青、『レジェンド・ブルー』へ進化する」と、チームカラー変更の理由が解説されている。

   こうした中で、2010年のシーズン終了後あたりから、ネット上では、「西武が優勝できないのはユニフォームの色が変わったから」という趣旨の、優勝できない事実とユニフォームの色の変更を結び付ける書き込みがみられるようになった。翌年以降も西武はリーグ戦での優勝を逃し続けたほか、2011年~2014年、および2017年にはクライマックスシリーズに出場したものの、いずれも敗退。「呪い」とでも言える状況が続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中