2021年 4月 15日 (木)

阪神、なぜ甲子園で勝てないのか 球団ワーストのシーズン最多敗戦記録更新も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   阪神は2018年9月27日、DeNAに3-4で敗れ、本拠地甲子園で5連敗を喫した。これで阪神は今季、甲子園での成績を19勝35敗2分けとし、1995年に記録した球団ワーストの甲子園最多敗戦38敗まであと「3」となった。

   本来、使い慣れた球場で戦うホームでは、ファンの声援の後押しもあり、相手チームと比べて絶対的に優位な立場にあるはず。実際、セ・リーグ6球団の今季のホームとロードの成績を見てみると、ホームで負け越してロードで勝ち越しているのは阪神だけで、おかしな逆転現象が起こっている。

  • 阪神タイガースの本拠地・阪神甲子園球場
    阪神タイガースの本拠地・阪神甲子園球場
  • 阪神タイガースの本拠地・阪神甲子園球場

甲子園神話がついに崩壊

   27日のゲームは、甲子園での連敗脱出に望みがある展開だった。DeNAに2点を先制されるも5回に大山悠輔のラニングホームランで同点とし、6回には梅野隆太郎の中前打で勝ち越した。だが、投手陣が踏ん張れず逆転負けを喫した。

   甲子園は他の球場よりも広く、攻撃的な野球よりも守備的な野球が有利とされ、本塁打が出にくいことでも知られる。今季、打撃陣は長い不振が続いているが、これを投手陣の踏ん張りでカバーしてきた。打線が貧弱でも投手陣が安定していれば甲子園では勝てる。

   実際、序盤の5月29日の交流戦前までは、甲子園で投手陣が奮闘し、12勝9敗と勝ち越している。ただ、以降は例年にないほどの貧打にあえぎ続けた。ここまでチームが甲子園で放った本塁打は19本。いくら守備的な野球が有利でも、野球は点を取らないと勝てない。投手陣にかかる負担は相当なものとなる。

   それでも投手陣はファンの期待に応え続けてきた。今季、甲子園で6回終了時にリードしていた試合は17勝0敗1分けだった。投手陣が終盤の逆転を許さず、神話になりつつあった。だが、それも27日に崩壊。ここにきて、中継ぎ、リリーフ陣の疲労の色が濃くなり、投壊寸前である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中