2019年 12月 8日 (日)

沖縄・玉城氏勝利の祝杯は「あのレア泡盛!」 共産・小池氏

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   翁長雄志知事の急逝にともなう沖縄県知事選が2018年9月30日に投開票され、翁長氏を支えた社民・共産や一部の企業人による「オール沖縄」勢力が推す前衆院議員の玉城デニー氏(58)が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=を破って当選を果たした。

   報道各社が玉城氏の当選確実を出すと、共産党の小池晃書記局長もツイッターで「勝利万歳!」。その後のツイートで「祝杯」の写真を載せたのだが、それが一部では「幻の泡盛」との評判もある銘柄だった。

  • 小池晃書記局長のツイート。「泡波」は流通量が少ないことで知られる
    小池晃書記局長のツイート。「泡波」は流通量が少ないことで知られる

現地に行っても入手が難しい

   この日、小池氏は品川区長選と品川区議補選の応援に入っていたが、県知事選についても相次いでツイート。21時30分過ぎに

「玉城デニーさん勝利万歳!官邸の猛攻撃はねのけ、翁長知事の遺志を受け継ぎ『辺野古に基地を造らせない』民意は揺るがず。安倍政権は新基地建設を断念し普天間閉鎖撤去をデニー知事と共に米国政府に迫れ」

と玉城氏の当選を祝福し、23時30分頃、

「沖縄の闘いから学ばなければいけないと深く思いを馳せながら、祝杯」

という1文とともに、「泡波」の文字が入った泡盛の瓶の写真を載せた。

   この「泡波」は、有人島としては日本最南端にある波照間島で製造され、生産量が非常に少ないことで知られる。100ミリリットルのミニボトルは島内に5か所程度ある売店で入手できるが、2合瓶になると、大半の売店では売り切れだ。運よく在庫があっても1日に1本しか売ってもらえないことが多い。3合瓶以上になると、基本的には島内の民宿でしかお目にかかれないと言っていい。どちらかと言えば、すっきりとした味わいで知られる。

   価格はミニボトルが1本310~340円、2合瓶が700円程度だ。

「おっ!泡波だ」「波照間の泡盛だ」

   珍しいだけに島外では値段も上がりがちで、通販サイトに出店している石垣市の土産物店では、ミニボトルを1本700円、2合瓶を2700円程度で売っている。玉城氏の勝利に、とっておきの品で祝杯、ということのようだ。小池氏のツイートには、

「おっ!泡波だ」
「波照間の泡盛だ」

といった声が寄せられ、小池氏は

「ミニチュア瓶です」

と笑顔の絵文字付きで返信していた。

   ただ、この時は台風24号が近畿から首都圏にかけて移動していたこともあり、

「呑気でいいなあ」

といった冷ややかな声も出ていた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中