2018年 12月 13日 (木)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

上西小百合が今井絵理子をチクリ「『一線を越えてはいない』を生み出した」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   元衆議院議員の上西小百合さん(35)が2018年10月3日、ツイッターを続けて更新。週刊新潮10月11日号で報じられた今井絵理子参議院議員(35)と元神戸市議の橋本健氏(38)の交際をチクリと批判した。

   今井議員は週刊新潮への反論として、3日更新のブログで「『略奪』ということばが多用されますが、そのような事実はありません。不倫も不法行為もありません」という文言を掲載している。これについて上西さんは、

「"略奪愛ではない"とか今更わざわざ言うのはしゃらくさい。ちなみにもし私に旦那さんがいて、女の人と手を繋いでたら絶対許せない。私も絶対しない」

と、自分の立場に置き換えて批判している。

  • 上西小百合さん(2017年撮影)
    上西小百合さん(2017年撮影)

「『一線を越えてはいない』を生み出した」と論評

   併せて上西さんは、「今井さんが議員になってからの一番の功績は「一線を越えてはいない」というキャッチフレーズを生み出したこと」と、今井議員をチクリ。さらに、週刊新潮が今井議員の記事の中で、沖縄県知事選挙の際に今井議員が「『人寄せパンダ』と期待されたこの人」という表現で揶揄したことを念頭に置いてか、

「大スターだった人なのに小泉進次郎議員を超える客寄せパンダにもなれてないというのは、自民党も"ショックを受けている"だろうな」

と、今井議員をイジった。

   今井議員は2017年7月、週刊新潮に橋本氏との不倫を報じられた際にFAXで発表した声明の中で、当時の橋本氏について「法律上はまだ妻帯者なので"一線を越えてはいけない"と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げました」との文言で釈明。「一線を越える」という表現を使い、ネット上で話題になった。なお、「一線を越える」という表現はそれ以前から存在しており、「流行させた」という意味で上西さんはツイートしているようだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中