2020年 10月 27日 (火)

ザギトワ「(これで)我が家も平和に」 マサルめぐる「領土紛争」決着へ

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

「私の気持ちを理解してくれる良き友達」と溺愛

   ザギトワ選手はマサルについて

「まさに私の気持ちを理解してくれる良き友達。抱っこしたり、自分の気持ち、1日の気持ちを話したり...。私も誰かに愛されたいという気持ちがあるので『愛してくれる』友達になりました」

などと話し、溺愛している様子だ。

   マサルの体重は「最後計ったときは22キロで、それからもっと増えていると思う」。ザギトワ選手も、2月の平昌五輪から身長が約7センチ伸びたという。

「今季を迎える時には少し変な感覚がありましたが、その後はコーチのサポートもあって、練習して少しずつ慣れてきました。人間は成長するのは当然なので、それに慣れるしかない」

と話しており、パフォーマンスに大きな影響はないとの見方だ。

   ザギトワ選手は、さいたま市内で10月6日に行われるチーム対抗戦の「ジャパン・オープン」出場のために来日している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中