2018年 10月 21日 (日)

金本監督、「続投」一転やっぱり辞任 阪神、次期監督の最有力は?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   阪神の金本知憲監督が辞任することが2018年10月11日、発表された。金本阪神は今季、2001年以来17年ぶりの最下位に終わり、本拠地甲子園では球団ワーストとなる39敗を喫した。金本監督は契約をあと2年のこしており、谷本修・球団本部長は続投を明言していたが、監督就任3年目で初の最下位に終わり、責任を取る形での辞任となった。

   本拠地最終戦となった10月10日の試合後のセレモニーで、金本監督はファンに対して「私の力足らずのため、こういう結果になってしまい、謝罪とおわびを申し上げたいと思います」と謝罪し、「この悔しさを選手は真摯に受け止め、来年必ずたくましくなって帰ってくれるものと信じております」と、すでに辞任の意志を固めているかのような発言をした。

  • 阪神の本拠地・甲子園球場
    阪神の本拠地・甲子園球場

後任探しのリミットはドラフト会議

   球団は金本監督の続投を前提に来季の体制作りに着手していた。スポーツ紙の報道を総合すると、1軍の打撃コーチに東北福祉大で金本監督の後輩にあたる和田一浩氏を招へいし、矢野燿大2軍監督を1軍ヘッドに昇格させる構想だったという。

   10月25日にはドラフト会議を迫っており、球団が次期監督を決めるまでの時間は限られている。

   V奪回には実績のある監督が求められ、2004年から5年間、阪神で指揮を執った岡田彰布氏が最有力候補に挙げられる。岡田氏は監督就任1年目こそ4位に終わったが、2年目にリーグ制覇を達成するなど、2年目以降の4年間、一度もBクラスを経験していない。

   球団はすでに水面下で岡田氏と接触している可能性があるが、チームの体制作りに着手し始めた矢先の金本監督の辞任劇だけに、矢野2軍監督の1軍監督のスライドも十分考えられる。矢野2軍監督は1軍で指揮を執ったことはないが、2軍監督就任1年目の今季、チームを日本一に導いた手腕は高く評価されている。

   球団にとって次期監督の決定は急務となるが、来季の戦力補強もまた急がれる。

   課題となるのは、ドラフトとFA戦線でどれだけの即戦力を獲得出来るか。そして、最も大きな課題は、日本で活躍出来る助っ人の獲得だろう。

   今季、ランディ・メッセンジャー投手が国内FA権を獲得し、来季以降、日本人選手扱いとなる。日本プロ野球は1軍登録の外国人選手枠を「4」としており、阪神はメッセンジャー以外の4選手の助っ人の登録が可能で、大きなアドバンテージとなる。

   投手陣に関しては、生涯阪神を宣言するメッセンジャーの残留は確定的で、守護神ラファエル・ドリス投手の残留も濃厚。マルコス・マテオ投手とディエゴ・モレノ投手の両選手については、球団は契約を更新しない方針で調整している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中