2018年 10月 21日 (日)

知恩院、ライトアップでお坊さんがジャンプ?! 「攻め」のサイトが話題 

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「最近、知恩院が攻めてるな」「どうしたんや?」―――そんな声がツイッターで相次いでいる。

   知恩院が2018年11月2日~12月2日の間に開催する「秋のライトアップ2018」のサイト。お坊さんたちがそろってジャンプしたり、観音菩薩のイラストの頭から光が放射されていたり...「静かで厳格」なイメージの知恩院に何が起きているのだろうか。

  • 秋のライトアップ2018
    秋のライトアップ2018
  • 秋のライトアップ2017
    秋のライトアップ2017
  • 秋のライトアップ2016
    秋のライトアップ2016
  • 秋のライトアップ2012
    秋のライトアップ2012

年々ラフになる、ライトアップのサイト

   サイトでは「お坊さんに会いに行こう!知恩院 秋のライトアップ2018」の文字の上に、5人の僧侶が満面の笑みで手を繋ぎジャンプしている。観音菩薩のイラストの頭部からは光が放たれ、サイト全体をライトアップしているかのようだ。今年初の試み、インスタグラム企画も行うといい、僧侶が仲間と自撮りする姿が公開されている。

   J-CASTニュースは10月11日、知恩院の僧侶でライトアップを担当している磯部孝造さん(34)に取材した。

   ライトアップは春と秋、年に2回行われる。秋のライトアップは2001年から行っており、磯部さんは2016年から担当している。

   2016年春には「極楽と天国の違い」「お参りの心構え」などを話す「お坊さんのおはなし」を始め、続く秋のライトアップでは、僧侶の写真も載せ始めた。

   サイトは記者が確認した限りでは、2012年まで遡ることができた。2012年は、ライトアップされた寺の敷地内の様子のみだが、2016年に上記のような試みが始まり親しみやすさが増している。2017年では僧侶と私服の一般客と思われる人が肩を組み、僧侶が先頭に立って一般客と「電車ごっこ」をしているような姿も見受けられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中