2019年 10月 23日 (水)

「メタルのおにいさん」 イギリスで子ども向けメタルバンドが活躍

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ヘビーメタル―― 広辞苑(第七版)によると「金属的な大音響で強いビートを効かせて激しく演奏する」となっている。70年代のイギリスに端を発し、デスメタルやネオクラシカルメタルなど多様なサブジャンルが誕生している。

   そのイギリスでは「子ども」に向けてヘビーメタルを楽しんでもらおうと奮起するバンドが登場した。

  • クラウドファンディングの募集画面(Kickstarterより)
    クラウドファンディングの募集画面(Kickstarterより)

犬の着ぐるみを身にまとう

   「子どもとその両親のためのヘビーメタル」を標榜しているのは「SLAY DUGGEE(スレイ・ダギー)」というバンドだ。日本でもロックバンド「MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)」がオオカミの被り物をして演奏しているが、彼らは遊園地にいるような犬の着ぐるみを身にまとっている。

   バンドフォトを見ると、一番手前のメンバーはダルメシアンの可愛げな着ぐるみの上からロックバンド「KISS(キッス)」のシャツを着用している。ほかのメンバーも着ぐるみの上からメッシュタンクトップを着るなど親しみやすさとロックファッションを同居させる工夫が見られる。ヘビーメタルバンドとは言え「子ども」がメインターゲットであるため、メタルゴッドの異名をとる「Judas Priest(ジューダス・プリースト)」ボーカルのロブ・ハルフォードさんのような威圧感や強烈さはない。

   彼らは2018年2月、英BBCで放送されている子ども向け番組「CBeebies(シービービーズ)」の中で放送されているアニメ「HEY DUGGEE(ヘイ・ダギー)」の劇中曲「Stick Song」のヘビーメタルカバーをリリース。YouTubeでは10月9日現在までに11万回が再生されている。オリジナルはテクノポップ調で「スティック」のフレーズを矢継ぎ早に繰り返す。これがスレイ・ダギーにかかるとゴリゴリのベースギター、高速ドラミング、激しいギター演奏をバッグに「スティック」シャウトが続く。とても同一の楽曲とは思えない変わりぶりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中