2020年 9月 29日 (火)

阪神・矢野新監督の苦渋の決断 球団社長が謝罪したワケ

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   阪神の矢野燿大2軍監督が来季、1軍監督に昇格することが2018年10月15日、決まった。矢野2軍監督はこの日午後、兵庫・西宮市内の球団事務所を訪れ、1軍監督就任要請の受諾を伝えた。

   苦渋の決断だった。10月11日、金本知憲監督が今季最下位の成績の責任を取る形で辞任を表明。球団は後任を矢野2軍監督に一本化し、10月13日に揚塩健治球団社長が宮崎でフェニックス・リーグに参加中の矢野2軍監督のもとを訪れ、正式に1軍監督就任を要請した。

  • 阪神の本拠地・甲子園球場
    阪神の本拠地・甲子園球場
  • 阪神の本拠地・甲子園球場

現場スタッフ人事に余震

   揚塩球団社長との約1時間半の会談では、金本監督の辞任の「真相」が揚塩球団社長の口から明かされたという。一部報道で金本監督の辞任は、球団が辞任を迫ったもので事実上の解任とみられているが、これに関して揚塩球団社長は多くを語らなかった。一方で、矢野2軍監督には謝罪したという。ただ、この謝罪は、解任説の肯定とも取れる行為で、矢野2軍監督はそれを踏まえた上での決断だったとみられる。

   今季、17年ぶりの最下位となった阪神の課題は山積している。金本監督の辞任により、動き出していた現場スタッフの人事は一旦、白紙に戻った。金本監督の辞任にともない、片岡篤史ヘッド兼打撃コーチが辞任するなど、余震が続いている。

   西武と中日で活躍した和田一浩氏を1軍打撃コーチに招へいするプランは、金本監督の辞任で消滅の可能性があったが、和田氏は東北福祉大で矢野2軍監督の後輩にあたるため、再びコーチ就任の可能性が浮上した。

   球団は金本監督の積極的な若手起用を評価し、矢野2軍監督も金本監督の意志を継ぐことになるが、球団が金本監督に辞任を迫ったことが真実ならば、球団が与えた金本監督への評価は懐疑的である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中