2018年 11月 14日 (水)

「中学生に見えないけど、逆にそれが良い」 「中学聖日記」岡田健史に絶賛の嵐

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女優の有村架純さん(25)が主演するドラマ「中学聖日記」(TBS系)の第2話(2018年10月16日放送)の平均視聴率が6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。

   同ドラマは女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の同名漫画が原作。婚約者がいる中学校教師の末永聖(有村さん)が、俳優の岡田健史さん(19)演じる教え子の黒岩晶と恋に落ちていく様子を描く禁断のラブストーリーだ。

  • 「中学聖日記」で主演する有村架純さん(2015年撮影)
    「中学聖日記」で主演する有村架純さん(2015年撮影)

有村架純と2人きりのシーン

   第2回では、聖が晶から「先生のこと好きになっちゃいました」と告白されるシーンがあるほか、中学校の体育祭の最中に用具置き場で2人きりになるシーンがあったが、これらのシーンについて、ネット上で「岡田君がカッコ良すぎる」などのため息が噴出した。

   同ドラマの第1回の視聴率は6.0%とやや低めの発進。加えて、教師と中学生のラブストーリーという、「タブー」に踏み込んだストーリーであるため、視聴者からは「中学生と恋愛なんて犯罪だ」といったブーイングが多数見受けられた。

   しかし、第2回に入るとストーリーへの非難は弱まり、代わって「人を好きになる尊さが伝わってきた」といった評価が出てきた。なかでも、今作が芸能界デビューとなる岡田さんには「岡田健史カッコ良すぎて有村架純も可愛すぎて見てて身悶える」といった声が続々。「岡田くん、中学生には全然見えないけど、私は逆にそれが良い」といった声もあり、視聴率が踏みとどまったことにも影響を与えていそうだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中