2018年 11月 16日 (金)

池坊保子「魔女狩りのように...」 議長退任から4か月、貴乃花批判を振り返る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本相撲協会の評議員会で議長を務めていた池坊保子・元文科副大臣が、元日馬富士暴行事件当時の貴乃花親方(既に引退)をめぐる自身へのバッシングについて、テレビ番組で「魔女狩りのように...」と振り返った。

   議長時代にも会見で、「袋叩きにあった」とマスコミ批判を展開していた池坊氏だが、任期満了で退任してから約4か月経ち、一層伸び伸びと(?)、「対立構図を作り出して...」などとメディア批判を展開していた。

  • 池坊保子氏(画像はNPO萌木公式サイトから)
    池坊保子氏(画像はNPO萌木公式サイトから)

「ワイドショーに怒ってるんです」

   池坊氏は、2018年10月15日放送の「長嶋一茂と怒れる女たち」(フジテレビ系)に出演。黒を基調とした上着で、胸元には真珠らしきネックレスが光る。番組前半部分で、1月の「貴乃花親方の理事解任」(いずれも当時)に伴う池坊氏会見で、親方について「著しく礼を失する」と批判したことで、自身がバッシングを受けた、と紹介された。さらに「あれから9か月。今、怒っていることは何か」とナレーションが入ると、池坊氏は

「ワイドショーに怒ってるんです」

と、うっすらと笑顔を浮かべながら答えた。続けて、

「何か問題が起きると、もう袋叩きにするじゃないですか」
「対立構図を作り出して、すごい勢いでコメンテーターの人が批判する」

と指摘。笑顔は次第に消え、最後は

「魔女狩りのように...」

とまで表現した。番組内では、池坊氏へのツッコミは特段なく、静かに次の話題へ移っていった。

   当時の池坊氏へのワイドショーでのバッシングぶりは、どのようなものだったのか。一連の騒動は17年11月から続いており、J-CASTニュースの記事をみても、「ひるおび!(TBS系)で、八代英輝弁護士が(池坊氏の親方批判は)『言いがかりに近いのでは』と発言」(17年12月14日配信)、「バイキング(フジテレビ系)で、親方の母、藤田紀子さんが『(池坊氏は)よっぽど貴乃花親方が憎いんでしょうね』と発言」(18年3月27日配信)といった動きが紹介されていた。他にも、1月8日の「バイキング」で、司会の俳優、坂上忍氏が「(池坊氏は)公平公正でいなきゃいけない立場じゃないんですか?こんな人が議長やってんだ」と批判したことをデイリースポーツ(8日、ネット版)などが報じている。

「意外と正論だし、優しいね」の声も

   こうした批判に対し、池坊氏は3月26日の会見で、自身へ向けられた、特に1月以降の厳しい批判に対し、

「この間、私は袋叩きにあい、大変な思いをしましたけれども、こうして健康です」

と、皮肉まじりにメディア批判を行っていた。

   池坊氏はその後、6月に任期満了に伴い議長を退任。貴乃花親方の協会退職も10月1日に決まった。ワイドショーだけでなく、ネット上でも少なからぬ批判にさらされてきた池坊氏だが、今回の10月15日放送の発言をうけたツイッターでの反応をみると、

「マスコミは貴女を袋叩きにしたのでなく、発言(内容)に世間が不快さと腹立たしさをおぼえただけです」
「何故に池坊があれやこれやと語っているの?」

といった反発が出ていた。一方で、番組内のどのテーマでの池坊氏発言に対する反応かは不明だが、

「意外と正論だし、優しいね」

といった受け止め方を披露する人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中