2019年 5月 25日 (土)

岡口裁判官に戒告処分 本人は「いい加減な事実認定」と反論

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ツイッターでの不適切な発言により、裁判当事者の感情を傷つけたとして懲戒を申し立てられた東京高裁の岡口基一裁判官に対する「分限裁判」で、最高裁大法廷は2018年10月17日、岡口氏を戒告処分とした。

   これを受けて、岡口氏は同日夜の記者会見で「こんないい加減な事実認定で判断をするとは思わなかった」などと反論した。9月の審問手続きでは、岡口氏は懲戒権の発動は表現の自由の侵害だとし、当事者の感情が傷つけられたとの直接的な証拠もないと主張していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中