2019年 12月 10日 (火)

沢田研二は「土下座」されてもイヤだった ライブ突然中止で説明した理由

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   歌手の沢田研二さん(70)のライブが「契約上の問題」で突如中止になり、ネット上で運営への疑問が相次いでいる。

   当初は明確な理由が明かされなかったため、様々な憶測が流れたが、結局は沢田さん自身が報道各社に中止の真相を告白した。

  • 公式サイトに掲載されたお詫び文
    公式サイトに掲載されたお詫び文

直前になって、「契約上の問題」から中止に

「本日の公演は、契約上の問題が発生した為、中止とさせて致きます。ご来場いただきましたお客様におきましては、ご迷惑を掛け致しまして、たいへん申し訳けございませんでした」

   ツイッター上に投稿された会場の貼り紙を見ると、手書きでお詫び文がつづられていた。誤字もあり、急きょ中止となった混乱がうかがわれる。

   沢田さんは、70歳の古希を記念した全国ツアーのライブ「OLD GUYS ROCK」を2018年7月6日に日本武道館を皮切りにスタートさせた。19年1月21日までの日程で66か所で順次ライブを行っていくが、ドタキャンが起こったのは、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予定されていたものだ。

   ファンらのツイートによると、直前になって、「契約上の問題」から中止が会場でアナウンスされ、入口には貼り紙も貼られて、来場者らの間で戸惑いが広がった。

   18日になって、沢田さんの公式サイト上で、貼り紙と同様の内容のお詫び文が掲載された。チケットの払い戻しを行うとし、その方法などは、「決定次第、速やかにご案内させていただきます」としている。

   中止の理由について、事務所などによる詳しい説明がなかったため、メディアやネット上では、過去の経緯などから様々な推測が行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中