2019年 10月 23日 (水)

TBS番組に石垣市議会が抗議文 「希少生物の乱獲誘発」...局「深く反省、真摯に受け止める」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   TBS系の番組「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」で、希少生物の乱獲を助長する内容があったとの指摘を受けたとして、同社は2018年10月19日、J-CASTニュースの取材に「自然環境や生きものへの配慮を欠いたことを深く反省しております」とコメントした。

   番組をめぐっては、ロケ地となった沖縄県石垣市議会が「到底看過できるものではなくTBSの放送姿勢には強い憤りを覚える」として、TBS宛てに抗議文を送付していた。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより

総額30万円相当の希少生物を捕獲。

   問題視されているのは、9月8日の放送回だ。「日本のスゴ腕ハンターに密着!幻の食材&生物ガチで捕ったSP」と題し、ハンティングを生業とする複数の人物を取材している。

   その中の一人、"珍生物ハンター"中岡裕普(ひろゆき)氏は、番組スタッフとともに沖縄県の石垣島と与那国島でロケを敢行した。中岡氏は、希少動物の捕獲・販売に携わっているという。

   ロケ地に選ばれた石垣島は「固有種の宝庫」「(島で捕れる)超貴重な生物が高額で取引」などと紹介され、それを裏付けるように地域固有種のクワガタやトカゲ、ヘビが次々と中岡氏によって捕獲されていった。

「例年であれば100匹以上捕獲でき、20万円以上の売上がある」
「絶滅も危惧されるまさに幻のヘビ。一体のお値段はなんと10万円」

と、捕獲のコツの解説とともに売値が提示された生き物もいた。

   結局、5日間のロケで約30万円に相当する43種類を捕獲したと伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中