2019年 10月 16日 (水)

2008年にノーベル化学賞 下村脩さん死去

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2008年にノーベル化学賞を受賞した海洋生物学者の下村脩(しもむら・おさむ)さんが、18年10月19日朝、老衰のため90歳で死去した。各メディアが21日、報じた。

   京都府生まれ。渡米中の1960年代に緑色蛍光タンパク質(GFP)をクラゲから発見し、論文を発表。90年代になると、別の研究者がGFPを作り出す遺伝子を調べたい細胞の遺伝子に組み込み光らせる手法を開発し、GFPは生命科学の研究に不可欠なものとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中