2019年 3月 26日 (火)

バスに駆け込み乗車できず「どういう事だ、説明しろ」 現役運転士が明かす「トンデモ」クレームの実態

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   駆け込み乗車しようとした乗客男性から寄せられた「なぜ乗せなかったのか」とのクレームについて、関東地方の路線バス運転士がその理由をツイッター上で説明して、大きな反響を呼んでいる。

   「わかっていながら乗せないとはどういう事だ。説明しろ」。クレームなどの受付簿には、生々しい乗客の声が手書きでつづられていた。

  • 駆け込み乗車はどう対応すべきか(写真は記事と関係がありません)
    駆け込み乗車はどう対応すべきか(写真は記事と関係がありません)
  • 受付簿に書かれたクレームと運転士の弁明(写真は、社会不適合者の路線バス運転士@AzlMGYvHPydXRKTさん提供)
    受付簿に書かれたクレームと運転士の弁明(写真は、社会不適合者の路線バス運転士@AzlMGYvHPydXRKTさん提供)

会社側は「人情としては乗せてあげなよ」と言ったが...

   この受付簿の写真は、関東地方のバス会社に勤務する「社会不適合者の路線バス運転士」さんが2018年10月18日、ツイッター上に投稿した。

   今回のクレーム主は、前日夜のバスに乗ろうとしたところ、直前でバスの中ほどにあるドアを閉められ、すぐに前の方のドアをトントンと叩いた。しかし、運転士に無視されて、バスはそのまま発車していったという。クレーム主のほか、もう1人の乗客も乗れなかったとしている。

   これに対し、運転士は、次のように受付簿上で弁明した。

「発車時間になったので、外マイクで案内し、中ドアの扉挟み注意しながらドアを閉めたので、前ドアは見ていない。そもそも、動き始めたバスを故意に停止させようとする行為は『威力業務妨害』であり、今後『動いたバスをたたけば乗れる』と思われると困るので乗せなかった」

   運転士のツイートによると、会社の運行管理者に「弁明を書いて」と言われて記入したが、この運行管理者からは、「この手の客は乗せなければ何度でも言ってくるし、人情としては乗せてあげなよ」と言われたという。

   これに対し、運転士は、「『人情として乗せてあげてる』ことを理解してるのら乗せますよ...理解してないでしょ? あれやれ!これやれ!で事故防止を運転士に押し付けるのは無理がある!」と不満をぶつけている。

   ツイートした運転士は、クレーム主に対しても、「『ちょっとぐらい...』で自分が迷惑をかけてることを自覚すべきですね」と戒めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中