2020年 9月 19日 (土)

大川総裁長男の動画、「著作権侵害」で削除 宏洋氏怒りの「暴露予告」、対する教団側は...

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   宗教法人「幸福の科学」の「ユーチューブ問題」に、新たな動きがあった。

   大川隆法総裁の長男・宏洋氏が「みんなが同じことを考える世界は気持ち悪い」と教団批判を繰り返し、教団側も「炎上商法は通じない」と猛反論してきたこの騒動。

   宏洋氏は、今後ももめ事が続くようなら「教団職員の不祥事」を暴露するとも宣言した。

  • 大川宏洋氏のユーチューブより
    大川宏洋氏のユーチューブより
  • 大川宏洋氏のユーチューブより

批判の応酬、対立する主張

   騒動の発端は、大川宏洋氏が2018年10月1日にユーチューブに投稿した動画だ。かつて教団の職員で、現在は「退職」したという宏洋氏。動画では、

「私は大川隆法総裁を信仰していません。彼のことを神だと思ったことは一度もありません」
「みんなが同じことを考えて、同じようなことを言う そういう世界って気持ち悪いな」

などと、"決別"した理由を説明している。

   教団側も黙っていない。10月5日に声明を発表し、「(宏洋氏は)確実に、大川総裁を至高神、主エル・カンターレとして信仰していたのです」「恐らく、一種の炎上商法なのでしょうが、この手法は当グループには通じません」などと一刀両断。両者の主張は真っ向から対立した。

   その後も、宏洋氏「(声明は)誹謗中傷でしかない」(10月7日)→教団「誹謗中傷の口火を切ったのは宏洋氏の方」(9日)→宏洋氏「職員が自宅に押しかけてきた、悪質な嫌がらせ」(15日)→教団「メールや電話で連絡が取れないのでやむを得ず教団職員と弁護士が自宅を訪問」(16日)と泥仕合の様相を呈していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中