2019年 1月 23日 (水)

AI「画伯」が描いた肖像画、4800万円超で落札

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   AI(人工知能)が制作した肖像画が2018年10月25日、米ニューヨークで行われた競売大手会社「クリティーズ」のオークションに出品され、43万2500ドル(約4860万円)の高値で落札された。同社サイトで公表した。

   「エドモンド・ベラミーの肖像」と名付けられた作品で、当初予想の価格より約45倍の結果になったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中