2019年 10月 17日 (木)

辺野古移設の賛否を問う 県民投票条例案を可決

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   沖縄県議会は2018年10月26日、10月定例会において、名護市辺野古移設における埋め立ての賛否を問うための県民投票条例案を可決した。投票は条例が公布されてから6か月以内と定められた。

   県民投票条例案は「賛成」「反対」の2択であることから野党が反対していたが、与野党の討論の末、多数決により可決された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中