2019年 4月 24日 (水)

「ハンドメイドは手軽、稼げる」 メディア紹介に作家らから危惧の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   布やビーズなどを使って手作りで制作する「ハンドメイド」のアクセサリーが注目を集めている。最近では、情報バラエティー番組「ヒルナンデス」(日本テレビ系)で取り上げられたが、ハンドメイド制作の実態が正確に伝わらないのではないかとして、様々な声が出ることになった。

   というのも、番組では「稼げる」ものとしてハンドメイドを紹介。「材料費200円に対し、販売価格は1300円」などとコストの低さが強調されており、実際のハンドメイド作家から「初期投資、練習、作業工賃、送料まで考えたら材料費だけでできる訳ないじゃん」などと疑問の声があがった。J-CASTニュースはハンドメイド作家に話を聞き、実態を探った。

  • ハンドメイドアクセサリー、制作の実態は(画像はイメージです)
    ハンドメイドアクセサリー、制作の実態は(画像はイメージです)

「材料費わずか200円で作れる」?

   2018年10月17日放送の「ヒルナンデス」では、「日々1円単位の節約に命をかける『ドケチ隊員』が、副業で稼ぎまくるカリスマ主婦に弟子入りする」というコーナーで、芸能人4人がハンドメイドに挑戦。ハンドメイド作家の指導のもと、ピアスやイヤリング、ブローチといった装飾小物を制作し、フリーマーケットサイトに出品して一定期間内に買い手がつくかまで見守った。4人が2品ずつの合計8品が制作・販売され、7品が売れる結果となった。

   強調されたのは、「コストの低さ」や「手軽さ」だ。テロップやナレーションでは、「初心者でも高級感を出せる! 30分で簡単に作れるアクセサリー」「材料費わずか200円で作れる、つまみ細工アクセサリー」といったフレーズが用いられた。

   ハンドメイドの完成品を映しながら「材料費」と「販売価格」を比較し、「材料費180円・販売1180円」「材料費200円・販売1300円」「材料費60円・販売800円」などと紹介。作品は、成型の原料や接着剤となる「レジン」を使った物と、伝統工芸「つまみ細工」を活用した物の2種類で、作業時間は前者が30分、後者が1時間だった。

   このように紹介されたハンドメイドだが、実態はどうなのだろうか。「販売価格に対する材料費の安さ」や「作業時間の短さ」が強調されていたものの、ハンドメイド作家というツイッターユーザーからは、

「ハンドメイドの安さばっかり強調しないでくれたら見てても気持ちいいのに。初期投資、練習、作業工賃、送料まで考えたら材料費だけでできる訳ないじゃん」
「人件費は勿論、機械や道具類の初期投資、発送時の封筒や緩衝材などの梱包費、材料費は大量購入したものを割った金額だと思うし、売れる水準に達するまでの材料費やテキスト代、資材調達の為の交通費を割ったらそんな金額じゃできないよ...」
「自分も趣味で作っていますがハンドメイドは時間と労働力や材料代もこだわれば掛かるのになんだかハンドメイド作ってる人がぼったくりしてるみたい」

といった投稿が相次ぐこととなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中