2019年 10月 19日 (土)

37年前にいた「幻の日本人NBA選手」 岡山恭崇氏がドラフト指名を蹴った理由

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   NBAのグリズリーズが2018年10月27日、米テネシー州メンフィスでサンズと対戦し、117-96でサンズを下した。今試合でグリズリーズとツーウェー契約を結ぶ渡辺雄太選手が第4Q残り4分31秒から出場し、念願のNBAデビューを果たした。

   日本人がNBAの舞台に上がるのは、2004年にサンズに所属した田臥勇太氏以来、14年ぶり2人目。渡辺選手は残り1分40秒に相手のファウルからフリースローを2本決めて初得点を挙げるなど、チームの勝利に貢献した。

   NBAに新たな歴史を刻んだ渡辺選手だが、37年前の1981年に日本人初のNBA選手が誕生しようとしていたことをご存じだろうか。

   この年のNBAドラフトで、ゴールデンステート・ウォリアーズからドラフト8巡の10番目で指名を受けた日本人選手がいた。その選手は日本不動のセンター岡山恭崇氏だった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

バスケを始めて5年目で全日本入り

   当時のNBA選手に劣らぬ218センチ、138キロの体格の持ち主は、日本リーグで得点王、敢闘賞の多くのタイトルを獲得。1979年から8年間、日本代表の中心的な選手として活躍した。

   熊本県出身の岡山氏は、中学高校は柔道選手で2段を取得したほどの腕前だった。九州学院高卒業にあたり、いくつかの大学から柔道選手としてスカウトされたが、岡山氏が選択したのは、これまで経験のないバスケットだった。

   大学時代に基礎をみっちりと叩き込まれ、1979年に住友金属工業に入社。日本リーグでは新人王を獲得するなど、社会人1年目、バスケットを始めて5年目にして日本代表入りを果たした。

   この2年後に岡山選手はNBAのドラフトにかけられ、ウォリアーズから指名を受けたが、これを受けることはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中