2020年 9月 26日 (土)

けみお、渋谷愛さく裂・怒りバチバチ ハロウィン暴徒に「ウチらが許しませんよ」

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   モデルでタレントのけみおさん(23)が、ハロウィンで東京・渋谷に集まる一部の人々による破壊行為やゴミ廃棄などの治安問題について、ツイッターに投稿した動画で怒りをにじませた。

   けみおさんといえば「どこまで行っても渋谷は日本の東京」というフレーズなどで知られ、女子高生を中心に若者から大きな支持を集める。自身のYouTubeチャンネルやテレビで見せるのと同様の軽妙な口調ながら、「ウチらの治安を乱すヤツらはウチらが許しませんよ」と若者が暴徒化する現状に釘を刺した。

  • けみおさんがハロウィン前日の30日にツイッターで動画を投稿した
    けみおさんがハロウィン前日の30日にツイッターで動画を投稿した
  • けみおさんがハロウィン前日の30日にツイッターで動画を投稿した

「ハロウィンはそういうイベントじゃなくない?」

   ハロウィン前日となる2018年10月30日、けみおさんはツイッターに動画を投稿。自宅らしき質素な室内で、映画「スーサイド・スクワッド」などに登場する女性キャラクター「ハーレイ・クイン」のコスプレをしたけみおさんが、ゆっくりと左後方からフレームインしてくる。「ヤッホー! みんな元気ー?」と、ややハイトーンの快活なあいさつで始まったかと思うと、右手に持った玩具のハンマーを一振りし、

「ちょっと聞いて! 小耳どころか『大耳』に挟んだんだけど、ハロウィンによってウチらの愛おしい渋谷の治安がどんどん悪化してます。最終的にはトラックをブチ倒す若者までいますけどどうする? っていうニュース読んだんだけど! ...何が起きた、2018年? ハロウィンはそういうイベントじゃなくない? って聞いてるんですけど」

と矢継ぎ早に疑問を投げかけた。

   ハロウィン前最後の週末となった27日夜には、渋谷に集まった若者の一部が暴徒化。通行中の軽トラックを取り囲んで複数人で横転させながら歓声をあげたり、破壊行為に及んだりし、翌朝の路上には大量のゴミが散乱していた。暴行・痴漢などで複数の逮捕者も出ている。

   長谷部健・渋谷区長は29日、ハロウィン本番の31日を前に声明を発表し、「周囲に迷惑をかけることなく、健全に楽しんでいる方たちはきちんといらっしゃいます。また、日頃から真に渋谷の街を愛し、この街を誇れるようにする努力をしている方たちもたくさんいらっしゃいます。そういった方たちの努力や思いを踏みにじる一連の行為は、到底許せるものではありません」と強い口調でモラル・マナー・法令の順守を訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中