2018年 11月 16日 (金)

元貴乃花親方「この女優さん良さそう」 「面白かった」ドラマを紹介

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   年寄りの引退を表明した元貴乃花親方の花田光司氏(46)は、2018年10月29日放送「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演し、お茶の間の注目を集めた。

   花田氏は9月の引退騒動後、初のバラエティー番組出演となる。

  • 元貴乃花親方(2018年9月撮影)
    元貴乃花親方(2018年9月撮影)

意外とドラマ好き?「1か月くらいまえにばばっと見た」

   普段、テレビは見ないという花田氏。「映画とか見ないですか?」と問われると、動画配信サービス(Huluなど)で、石原さとみさん主演のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系、2016年10月~)を見たことを明らかにした。花田氏はその魅力について、

「出版社で(記事を)書かれることがあるじゃないですか。ああいう部署があること知らなかった」

と語り、「校閲」の仕事に興味を持ったようだった。

   また、このほかに見たものとして、同じく石原さん主演のドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、2018年7月~)を挙げた。出演者から「石原さとみさんのファンなんですか?」と質問が飛ぶと、花田氏は「この女優さん良さそうと思ってみたら面白かった」と回答。くりぃむしちゅー・有田哲平さんは「高嶺の花と貴乃花って似てますよね」とコメントした。

   これまでの姿からは想像できない、意外なジャンルのドラマを見ていることが明らかになった花田氏は、加えて「あとは『女王の教室』(日本テレビ系、2005年7月~)。ドラマは1か月くらいまえにばばっと見た」と明かした。引退したばかりの時期とあって、くりぃむしちゅー・上田晋也さんが「結構大変な時期だったんじゃないですか?よくドラマ見てる時間ございましたね」と聞くと、花田氏は「外の記者さんとかいらっしゃるから、じっとしておいた方がいいなと」とその心中を明かし、出演者らを驚かせた。

「しゃべれないのがいい力士」

   番組では、花田氏が現役時代を振り返る場面もあった。

   「取り組みの後のインタビュー」に関しては、花田氏があまり多くを語らなかったことに触れた。「本当はもっと言いたいことがあったのでは?」という質問に対し、花田さんは、

「相撲って激しくて、1時間くらいしゃべれない」
「しゃべれないのがいい力士って思ってもらった方がいいですね。それだけやったってことですから」

と話した。続けて、「負けた相手のことを考えてしゃべりなさい、と言われている」「15歳で癖をつけている」と明かし、プライベートでも「よっしゃー!」などと喜びを爆発させるようなことはないとした。

   今後は「子どもの教育に携わりたい」「土俵に関わりたい」と話した花田氏。これからどう歩んでいくのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中