2018年 11月 18日 (日)

松井秀喜コーチ就任は楽しみだが... 日米野球が「どこか地味」な印象のワケ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本野球広報事務局は2018年10月29日、「2018日米野球」のメジャーリーグ選抜のベースコーチに松井秀喜氏が就任したことを発表した。松井氏は現在、ヤンキースGM特別顧問を務めており、11月8日に行われる古巣巨人とのエキシビションゲームでコーチデビューする。

   マーリンズのドン・マッティングリー監督率いるメジャー軍団で最も知名度、実績があるのは、2009年から7年連続でオールスターに選出されたカージナルスのヤディエル・モリーナ捕手。話題性でいえば、ポストシーズンで史上最年少となる満塁本塁打を放ったナ・リーグ新人王候補のロナルド・アクーニャJr.外野手(ブレーブス)だろう。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

前田健太投手も参加

   ただ、今年の顔ぶれをみると例年比べて地味な印象は否めない。そこで主催者がサプライズとして用意したのが松井氏のコーチ就任と、ドジャースの前田健太投手の追加発表だ。

   この2人の参戦は日本のプロ野球ファンには朗報だが、日米野球の醍醐味はメジャートップの選手を目の前で見ることが出来ることにある。過去を振り返ると、日米野球にはそうそうたるメジャーリーガーが出場してきた。

   日米野球の歴史は古い。初めて開催されたのが1908年、明治41年のことだった。メジャーの選手と3A選手の混合チームが来日し、早大、慶大をはじめとする日本のチームと対戦。開幕戦では大隈重信氏が始球式を務めた。

   以降、不定期ながら大正、昭和と歴史は続き、1986年から全日本選抜とメジャー選抜が対戦する現在の形となった。

過去にはベーブ・ルース、ルー・ゲーリック、バリー・ボンズも出場

   日米野球史で、史上最強のメジャー軍団といわれたのは1934年の選抜チームだ。打撃陣はベーブ・ルース氏、ルー・ゲーリッグ氏、ジミー・フォックス氏が顔をそろえ、剛速球で知られるレフティ・ゴメス投手が日本チームを封じ込めた。この年、メジャー選抜は16戦全勝と、圧倒的な強さを見せた。

   また、1996年にはドジャースの野茂英雄氏、マイク・ピアッツァ氏をはじめとし、バリー・ボンズ氏、カル・リプケン氏、ケン・グリフィー・Jr氏らドリームチームが来日し、大きな話題となった。

   シーズンオフの一大イベントも2006年で一度中断される。日本プロ野球選手会は「(日米野球は)一定の役割を終えた」とし、07年以降の日米野球の参加を見合わせる意向を示した。

   クライマックスシリーズの初年度となる2007年を翌年に控え、選手の負担を減らすためのものとみられ、その一方で06年から始まったWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、日本代表とメジャーリーガーを擁する米国代表が対戦する場が出来たことで、日米野球の役割が終わったということだろう。

   日米野球が再開したのは2014年。WBC日本代表の強化試合との位置付けで、メジャー選抜を招いて試合を行った。そして今年が強化試合の第2弾となる。

   田中将大投手、ダルビッシュ有投手、大谷翔平投手らの活躍もあり、今やメジャーリーグは日本にとってより身近なものとなった。メジャーの試合中継も過去に比べると格段に増え、テレビ画面を通じてメジャーの迫力を見ることが可能になった。

   松井氏のユニフォーム姿や、前田選手の凱旋はファン待望の明るいニュースだろう。その一方で、メジャーのスター選手が揃わない日米野球には今後、改善の余地がありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中