2020年 9月 30日 (水)

東山動物園のほのぼのイラストが大反響 飼育員「3秒くらいでササッと...」

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   名古屋市の東山動植物園で飼育されているシンリンオオカミに、ツイッター上で注目が集まっている。厳密には、その飼育スペースの看板に描かれた「絵」だ。

   といっても、見るからに美麗であるという類の絵ではなく、むしろ極めてシンプルなタッチで、そのシンリンオオカミは表現されている。これが逆に「絶妙」「和む」といった反響を呼んでいる。J-CASTニュースは、絵を描いた同園の飼育員に話を聞いた。

  • 東山動植物園のシンリンオオカミ。注意書きの看板の左下に、小さく絵が描かれている(写真提供:ゆき(@yukiassnowww)さん)
    東山動植物園のシンリンオオカミ。注意書きの看板の左下に、小さく絵が描かれている(写真提供:ゆき(@yukiassnowww)さん)
  • 東山動植物園のシンリンオオカミ。注意書きの看板の左下に、小さく絵が描かれている(写真提供:ゆき(@yukiassnowww)さん)

「オオカミの絵が、たまらなかった」

「今日東山動物園行ってきたんだけど、シンリンオオカミ担当飼育員さんの描いたオオカミの絵が、たまらなかったので、皆様どうか見てください」

   ツイッターユーザーの「ゆき」(@yukiassnowww)さんが2018年10月28日に投稿したのは、シンリンオオカミとその看板を収めた1枚の写真だ。

   看板には、漢字にふりがなを付けながら「体調管理のため オオカミ達が室内でみえにくい時があります。ごめんなさい」とのメッセージがあり、その左下に小さく、シンリンオオカミのイラストが描かれていた。デザインは至ってシンプルだ。両耳だけを突起させた一筆書きできる輪郭に、2つの点で目、横棒で口がある。体は顔から伸びる楕円で描かれ、しっぽと4本の足はちょんちょんと1本線でそれぞれ生えている。足元には岩場が、これまた1本の弧で描いてある。

   この絵が大きな注目を集めることになった。投稿には30日までに1万件近いリツイートと2万4000件超の「いいね」がついている。反響のコメントを見ると、「画伯」「かわいい」といったもののほか、「Tシャツにしたい」「なんか和む」といった声が見られ、シンプルがゆえにマスコット的な要素を感じるユーザーもいるのかもしれない。また、「絶妙な感じのヘタさ加減が素晴らしいと思いました 実物見てたら思わずふふっ♪てなりそうですね」と、実物とのギャップの大きさに心動かされたであろうユーザーもいた。

   そんなシンリンオオカミの絵、どんな思いで描かれたのか。作画した東山動植物園の担当飼育員・片岡裕貴(かたおか・ひろき)さんは30日、J-CASTニュースの取材に応じ、今回話題を集めていることに笑みをこぼして「本当にコワイ世の中ですね」と、思ってもみなかったというように率直な感想を述べる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中