2019年 10月 22日 (火)

「あきらめたら試合終了」 安田純平さん、会見で「スラムダンク」の名言を引用する?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   会見が終わる直前、司会進行役が取り出したのは、安田さんが書いたという「ある言葉」だった。

   フリージャーナリストの安田純平さん(44)は2018年11月2日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見を開いた。

  • 安田純平さんが記帳した言葉は「あきらめたら試合終了」
    安田純平さんが記帳した言葉は「あきらめたら試合終了」

「とにかくいつかは帰れるんだと、ずっと考え続けていました」

   安田さんの会見は予定時間を約1時間半オーバーした。司会進行役は「次の予定もありますので」と質疑応答を終了させたのち、一冊のゲストブックを掲げた。登壇者の記帳が恒例となっている冊子だ。そこに書かれていたのは、「あきらめたら試合終了」という言葉だった。進行役は、

「安田さんが本日、記者クラブに記帳された言葉は、『あきらめたら試合終了』。『あきらめたら試合終了』と言う風に書かれています。この意味について何か一言ありましたらどうぞ」

と説明。促された安田さんは、

「本当にこの文字通りで、諦めてしまったら精神的にも肉体的にも弱ってしまう。とにかくいつかは帰れるんだと、ずっと考え続けていましたので、この言葉を書かせていただきました」

と話した。

   これ以上の説明はなかったが、ネット上などでは漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」の登場人物、安西光義先生のセリフ「あきらめたらそこで試合終了だよ」から取ったものではないか、との声が相次いでいる。作中で三井寿を励ますためにかけた言葉で、「名言」としてしばしば引用される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中